2012年04月26日

Ka Huila Wai

 

水車は動くことなくそこにある The water wheel just stands still
水車を回す水はここには無いのだ There's no water to make it revolve.
まるで鏡のようにいつも私のそばにいる As a standing mirror you'll always be to me,
連れ添うように私に話しかける As a companion to talk with me.
愛すべきモーリレレ Mölïele is clearly loved
海が荒れる時、 流れ去る雲がゆきかう For the fleeting of clouds when the ocean spray is stormy.
愛されていたワイヨヒヌ Much loved is Waiÿöhinu
乾燥した崖には、 トロピカルな鳥が飛ぶ By the arid cliffs where tropic birds fly.
忘れてはならない Don't you dare forget
その孔雀の完璧で美しい羽を A certain peacock whose plumage is flawlessly beautiful.
あなたに告げよう、 Tell the story:
水車を回す水はここには無いのだ There's no water to make it revolve

 

HULAを踊るにあたり、歌詞を理解する為に、出来る限り自分で翻訳をするようにしています。
でも、このカフイラバイはなんとも難解な歌詞・・・。
色々とネットで検索していたら、この歌には由来するお話がある様子。

とても美しい乙女が居て、その地の酋長が無理矢理彼女に結婚を迫ったそう。
彼女は嫌いな人と結婚するくらいなら・・・と、結婚式の当日、高い崖から身を投げたんだそうです。
そんな乙女が身を投げた崖には、水車が記念碑として立っているそうです。

そんなバックグラウンドを考えると、この歌に出てくる
モーリレレ、ワイヨヒヌ、孔雀などはきっと彼女を表現しているんじゃないかな。
彼女がどれほど美しかったか、崖から身を投げた彼女は美しい鳥のようだったのかも。
水車は立てられたが、動かす水が無い・・・つまり、彼女はもう存在しない・・・
そんな意味なんじゃないかな。
悲しい結末ではあるけれど、彼女の美しさを表現するHULAがベストな気がします。

続きを読む
posted by ぜんぶ at 18:51| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | HULA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

Smile

5月27日(日)の、ddcイベントに向けての練習もガッツリやっている私達ですが、
昨夜から新しい曲の練習もスタートしました♪
あの有名な、SMILE!

モダンタイムス、コメディーとしての面白さはもちろんですが、
悲しみ、皮肉なんかがいっぱいに篭ったこの映画、大好きなんですよね〜
機械が発達した事で便利になるどころか、人はそれに苦しめられていく。
まるで今の私達みたい。利便性にばっかり目を向けていたら、最悪の事態をまねいちゃった・・・。

大きな歯車に巻き込まれるシーンとか、自動食事機とか、
チャップリンの有名なシーンが盛りだくさんの映画です。
そんなモダンタイムスのラストシーンで流れるチャップリン作曲の曲を、
Nat King Coleがカバーしたもの。(他にもたくさんのアーティストがカバーしています)

苦しい時も悲しい時も笑顔でいよう、そうすれば明日が見えてくるよ。
そんなメッセージ性の強いこの曲を、とても判りやすい手話のようなHULAで踊れるなんて、嬉しい限りです。

という事で、またまた、歌詞をしっかり把握するために、自分ながらの言葉に翻訳してみました。

 

Smile, though your heart is aching

微笑んで、心が痛んでいても

Smile, even though it's breaking

微笑んで、心が壊れそうでも

When there are clouds in the sky

空に雲が立ち込めようとも

You'll get by...

君ならきっと乗り切れるさ

 

 

If you smile

君が微笑めば、

With your fear and sorrow

恐れや悲しみの中に居たとしても

Smile and maybe tomorrow

微笑みを浮かべていればきっと明日には

You'll see the sun come shining through 

太陽の輝きを見つけることが出来るはず

for you

君の為に輝く太陽を

 

 

Light up your face with gladness

君の表情を喜びで輝かせ

Hide every trace of sadness

どんな悲しみの跡さえ見せずにいよう

Although a tear may be ever so near

たとえ泣き出しそうな時も

That's the time you must keep on trying

そんな時こそがんばり続けるんだ

Smile, what's the use of crying

さあ笑って、泣いたって仕方ない

You'll find that life is still worthwhile

人生は捨てたもんじゃないって判るはずさ

If you just smile

そう、君がただ微笑みさえすれば

 

 

Smile, though your heart is aching

微笑んで、心が痛んでいても

Smile, even though it's breaking

微笑んで、心が壊れそうでも

When there are clouds in the sky

空に雲が立ち込めようとも

You'll get by...

君ならきっと乗り切れるさ

 

 

If you smile

笑いさえすれば、

Through your fear and sorrow

恐れや悲しみの中に居たとしても

Smile and maybe tomorrow

微笑みを浮かべていればきっと明日には

You'll see the sun come shining through 

太陽の輝きを見つけることが出来るはず

for you

君の為に輝く太陽を

 

 

That's the time you must keep on trying

そんな時こそ挑戦を続けるんだ

Smile, what's the use of crying

さあ笑って、泣いたって仕方ない

You'll find that life is still worthwhile

人生は捨てたもんじゃないって判るはずさ

If you just smile

そう、君がただ微笑みさえすれば

 

続きを読む
posted by ぜんぶ at 14:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | HULA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月19日

夢のコチン・ニヴァース♪

西新宿2丁目に務めている私にとって、西新宿5丁目は果たして遠いのか。
ランチの1時間と言うタイムリミットを考えると、結構キビスィ距離・・・・・・・だと思って未訪だったのです
ちょいと涼し目の気候の中、「ハワイアンかっ?」ってオフィスでツッコミが入った衣装で出社した私ですので、 こりゃーテクテクランチに最適じゃ!と行ってまいりました!

575723_428102787204015_100000128925422_1691767_921544584_n
コチン(地名)ニヴァース(家)という名前の店舗は、ほんとに住宅街の奥で秘かに私を待っていてくれました。4人用のテーブルX2、 カウンター4名のみのシンプルで小さいお店です。

523977_428104990537128_100000128925422_1691778_1257694340_n 
ランチメニューとにらめっこ。エッグキーマも魅力的だし、チキンカレーも、パロタセットも美味そうだ。
ただ、お勉強したところによると、ここのお米は最高だと。バスマティライスとやらは食べておかないと悔いると・・・ (そこまでは書いてなかったかもだけど・・)
と言う事でパロタを泣く泣く諦めて、シーズンセットとやらに手を出す事にしてみました!

シーズンセット、それはキーマカレーに、野菜、キノコ炒めが乗っかってくるステキカレー。
インド人シェフが鍋をふるっております。野菜の焼ける甘い香りと、スパイスの香りがふわっふわっと♪
1 
出てきたお皿には、玉ねぎ、ピーマン、きのこががっつりと乗っかったキーマちゃんが、噂のパラッパラのお米の上にどどーんと乗っかってます。

557720_428108083870152_100000128925422_1691786_1044635645_n
まずはカレーを一口!
ヤッヴァイうまい!!!(*´ω'*) スパイスが結構効いていてウンマイ!!^∀^
噂のお米と一緒にカレーをぱくり! お米のぱらぱら感がすばらしく、目を見張る程感激!!

野菜は玉ねぎなんか、もう半生!シャキシャキ感がたまらんとです!
玉ねぎ嫌いには厳しいだろうって程のゴロゴロシャキシャキです。ピーマンも同じく!ほんと、うっすら炒めただけって感じで、 私にはドストライク!

エッグキーマやパロタセットを食べている人達もみんな幸せそう♪
カウンターには、カレーを辛くするスパイスなどは一切置いてませんが、スパイスはしっかりと効いているので不服なーし!
ワシワシカレーを楽しんでいたら、ピーピーピーという音が。顔をあげると、炊飯器の蓋を開けるシェフ。おー、こんなステキパラパラ米、 日本の炊飯器で炊けるんだ!!!

チキンカレーなどもあるので、次回はそちらを頼んでみようかな。その時は「辛く」って言ってみようかな・・・。
というより、夜に来たい!ここは夜来て色々楽しみたい!!

526712_428108490536778_100000128925422_1691787_1315305120_n
ちなみにサラダのドレッシングも非常に美味しかった!テクテクウォークでお腹が減っていたせいかも・・・?

546170_428113513869609_100000128925422_1691798_1448116929_n
テクテク帰り道も、新宿のグリーンを楽しみながら帰社。

577682_428114737202820_100000128925422_1691800_270959623_n
距離でいうと片道1kmちょっとらしい。
遠出ランチってイイ〜♪

続きを読む
posted by ぜんぶ at 18:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒&FOOD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

Kawaipunahele by Keali'i Reichel 翻訳してみた!

HULAをやっていない人でも知っている人が多いと思われるこちらの曲、
カバイプナヘレ。
ケアリーレイシェルの切ないラブソング。

今度こちらの曲をKAILE'AのWorkshopで習得する事になったので、
これを機に歌詞を翻訳してみました〜!
とは言え、ハワイ語がよくわからない私は英文を探してそちらを日本語に自分なりに翻訳してみました!

68_large
なんとも切ないねぇ。
ハワイでは首にかけるレイを「大切なもの」「愛するもの」にたとえるのだけど、
ケアリーよ、なんでそんな大切なカバイプナヘレ嬢を手放してしまったのでしょうね。

 

Nou e Kawaipunahele
For you Kawaipunahele
カバイプナヘレ、君に捧ぐ
Ku'u lei aloha mae 'ole My never-fading lei 決して消える事のないレイ
Pili hemo'ole, Never separated 僕達は離れる事なく
Pili pa'a pono Firmly united 強く強く結ばれている
E huli ho'i kaua Come, let's go back 帰ってきておくれ
E Kawaipunahele O Kawaipunahele ああ、カバイプナヘレ
Ku 'oe me ke ki'eki'e You stand majestically 君は堂々と立っているね
I ka nani a'o Wailuku In the splender of Wailuku ワイルクの輝きの中に
Ku'u ipo henoheno, My cherished sweetheart 僕の大切で愛おしい君
Ku'u wehi o ka po My adornment of the night 夜の装飾のような君よ
E huli ho'i kaua Come, let's go back 帰ってきておくれ
E Kawaipunhele O Kawaipunahele ああ、カバイプナヘレ
Eia ho'i 'o Keali'i Here is Keali'i ここに僕Keali'iがいるよ
Kali 'ana i ka mehameha Waiting in loneliness 独りぼっちで君を待ち続けている
Mehameha ho'i au, I am lonely さみしくて
'Eha'eha ho'i au I hurt 心が壊れそうだよ
E huli ho'i kaua Come, let's go back 帰ってきておくれ、
E Kawaipunahele O Kawaipunahele ああ、カバイプナヘレ
Puana 'ia ke aloha Tell of the love 愛について語ろう
Ku'u lei aloha mae 'ole Of my never-fading lei そう、僕の決して消える事のないレイへの愛
Pili hemo 'ole, Never separated 決して離れることなく
Pili pa'a pono Firmly united 強く強く結ばれている
Ke pono ho'i kaua When it's right, we'll go back 時がくれば、僕らはあの時に戻れる
E Kawaipunahele O Kawaipunahele ああ、カバイプナヘレ

 

続きを読む
posted by ぜんぶ at 16:13| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | HULA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月04日

TOMS One day without shoes

TOMSというShoe Makerをご存知でしょうか?



ちょっと特殊な靴の売り方をしているお店です。
私達がここで一足の靴を買うと、TOMSが靴を必要としている子供達に一足の靴をプレゼントしてくれるのです。
つまり、新しい靴を買えば、私だけじゃなくて、世界のどこかの子供にも喜びを分け与えている、そんなステキなコンセプトを持っています。

一足の靴が購入されるたびに、靴を必要としている世界の子供に新しい靴を贈ります。
One for One. あなたの一足が、靴の買えない子供の新しい一足になります。
1 個人の購買力を、世界規模の人助けに役立てること、それが私たちTOMSのすべてです。
TOMSの使命は、私たちのお客様(カスタマー)を恩恵人(ベネファクター)へと自然に転換することです。
そうすることによって、援助のために募金を募るのではなく、本当の意味で長く維持し、継続していくビジネスができるようになりました。

そんなTOMSが、4月10日(火)に、イベントを開催します。
ONE DAY WITHOUT SHOES  1日だけ靴を脱いで過ごそう 

“One Day Without Shoes( 1日 だけ 靴を脱いで過ごそう)”は、たった一足の靴が、 どれほど大きな影響を一人の子供の人生に与えるのか、 そのことを広める運動です。
世界中の多くの子供たちが病気の危険と隣り合わせの中、裸足のまま成長しています。
TOMSは、1年の内のある1日だけ、皆さんに靴を脱いで、直接裸足で生活するという経験をしてもらっています。
2010年にスタートしたこの運動は世界各地で25万人の人たちが1600ヶ所を超える裸足のイベントに参加しました!
それが“One Day Without Shoes”です。


そんなステキイベントの応援を我らがKAILE'Aにて実践させて頂きました!
まぁ、HULAって基本的に裸足で踊るものだろーっていうツッコミには耳を貸しませんよ!(笑)

でもね、HULA踊る時や、Surfingで海に入る時に裸足になりますが、
結構危険なものが落っこちている事があるんですよね。


靴が買えない子供達は、そんな危険な所でも裸足で走り回って生きているんです。
そんな気持ちを理解して、私達に何が出来るのかを考え、実行していくイベントなのです。



海から上がってガラスや危険物が落ちていたら必ず拾って捨てている海の先輩、まりえさんのように、出来る事、 やれる事を実践していくのもステキです!
もちろんTOMSで靴を買って、子供達に靴をプレゼントするのだって、自分も嬉しくてステキですよね♪


今回の写真は、TOMSのBlogにもご紹介頂いてます♪
お時間ある方は是非、このイベントに参加してみて下さいね^∀^

続きを読む
posted by ぜんぶ at 16:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | HULA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。