2004年12月01日

ロイカトーン♪ろいかと〜ぉ〜ん♪

11月26日は2004年度のタイでのロイカトーンというお祭りの日。
我々はお祭りがある事など一切知らずにこの旅程を組んだのだが、
タイに行って、このお祭りがあることを知りました。
 
相方の大学時代の友達が、バンコクに住んでいるので、その夫婦にお祭りに連れてってもらいました!
 
ロイカトーンとは、毎年11月の満月の夜に行われるタイの灯篭流しの事。
バナナの葉で蓮の花や船の形をした灯篭(カトーン)を作り、雨期明けで満々と水を湛えた川に流し、
水の精霊(ピー)に感謝の意を表わすと共に、自らの罪や災いを流し、魂を清めるという行事なんだそうです。
 
ロイ : 流す    カトーン : 灯篭 
を意味するんだそうです。
(上記、日本での後日調査也 )
 
タイの人々にとっては、たいへん重要な行事であり、若者たちの間では、
一番大事な恋人とこの日を過ごすそうで、川に流した灯篭が、
火が消えることなく長時間浮かぶかどうかで、将来の二人の行方を占うんだそうです。
 
川に流れる灯篭達。
 
このお祭りは、川があれば、どこでも良いそうなので、
我々も是非ともロイカトーンを満喫しようと、ライトアップが美しく、
チャオプラヤ川に面するワットアルンへいそいそと出かけてゆきました。
 
昼間に一度ワットアルンに来ていた私たちですが、夜はより一層の美しさで、一同ぽーっとしちゃいました。
ワットアルンまでの道のりは両脇に出店が出ていて、まるで日本のお祭りのよう・・・。
衛生上良く無いと言いつつも、揚げ餃子、焼きイカ(半生加減がやばそうでした)、サテ等を買って食べる。
 
こんなものまで売ってたりします。そう、虫、虫ですっ!<(T◇T)>
さすがにこれには手を伸ばしませんでしたが・・・(^-^;
 
そうそう、カトーンも買っておかねば!
カトーンもたくさんの出店が出ていて、それぞれ多種多様なものがその場で作られていました。
高額なものから、すっごい安いものまで・・・(^-^;
 
さすがにカップル行事、高額(でも、150バーツ=400円程度)なカトーンの店には、
若いカップルが押し寄せています。ハート型で作られた豪華なものもあり、
イチャイチャカップル達は「ねーん、どれがいい〜♪」等と選んでます。
 
もちろん、私達10年夫婦(まだ9年だけどね)はと申しますと、お安い30バーツ(90円程度)のものを選択。
購入後、ライトアップされたワットアルンの中で写真を撮りつつ、
川岸へと向かいます。
 
カトーンを流す為に、船着場を一箇所占有していて、2人のお兄さんが、
そこから長い棒にザルがついたようなものに皆のカトーンを乗せて、一つずつ流しています。
 
余りの人の多さに、一度はこの川に流すのやめて、どっか別の場所で流そうかとひるんだものの、
花火が上がるのを待っていると、人の数は少々減ってきたので (ちなみに1時間半待ったのに、あがった花火は数発・・・)
早速私たちも〜♪と、イソイソと船着場へ・・・
 
蝋燭と、お線香に火をつけ、川岸に下りていくと、
「あれ?火、消えてるよね?」 「いや、もう良いよ、面倒だ」 と、
相方と二人で既に火の消えたカトーンをお兄さんのザルに入れる。
 
「さ〜流れるかな〜♪火は消えちゃってるけど、ま、良いよね〜」などとウキウキ♪
お兄さん、ざるを川の中に入れ、私たちの30バーツカトーンは流れていく〜・・・・・
 
あ゛
 
ふ、船が、船がきたぁ〜!!!!
 
波しぶきをあげ、突然突っ込んできた船。
ロイカトーンの為に占有になってたはずの船着場に船が着く
 
そして、私たちの放たれた時には既に火のついていなかったカトーンは、
船の波しぶきで水浸しになった後、
川の奥底へと潜っていったのであった・・・
 
ザルから放たれて後、その間5秒!
そう、私達夫婦の未来は、5秒間で沈んで行ってしまったのです〜<(T◇T)>
 
その後流した、友達夫婦のカトーンはちゃんと火がついたまま
川に流れて行きましたとさ・・・・
ろいかと〜ん
ああ、かなしやろいかとーん・・・
短い未来を予言された夫婦に一票を
posted by ぜんぶ at 13:27| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 2004 Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
5秒で水没、爆笑!
あ、爆笑しちゃ失礼だよねぇ…
でも、もう10年も一緒に居るんだから、大丈夫さぁ〜♪
Posted by みも at 2004年12月01日 15:43
大丈夫(-_☆)Vぶい
ぜんぶままさんご夫婦の未来はぜんぶちゃんが担ってくれてますw

・・・でもYukiとまあくんの将来の行方もカトーンで占ってみたいかもヾ(;´▽`Aアセアセ
Posted by Yuki at 2004年12月01日 15:44
★ みもさま ★
そう、5秒で撃沈!

ここまで行くと、中途半端に浮いて沈んでいくのを見るよりは、気持ちよかったけどね〜
一番笑ってたのは私達当の本人です(^◇^;

★ Yukiさま ★
もー、あなた達二人のカトーンは、
タイから日本まで熱々のままで
流れてくるんじゃないかしらん♪

でも、なかなかロマンチックなお祭りだよね〜
日本の灯篭流しは、ご先祖様の為のものだけどね〜。
Posted by ぜんぶまま at 2004年12月01日 16:07
30バーツのにしたから水没。。。な〜んて!
火が消えたままなんて、もう現代っ子なんだから!
私たち年寄りは、信心深いので
火は付け直しますわ。。。きっと多分、やっぱり面倒だな。
夫婦の未来5秒ですか。
充実した人生を送って下さいませ。。。
Posted by sujimama at 2004年12月01日 21:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1165529

この記事へのトラックバック

そんなことがあったっけ・・・
Excerpt: ファザコン話再び。 相互リンクもさせていただいている「び〜ぐるぐる」のぜんぶままさんの記事を読んで、「あ、そんなこともあったっけ・・・」と思わずシンミリしてしまっています。 「ロイカトーン」とい..
Weblog: さすらい犬ももちゃんの旅・別館
Tracked: 2004-12-01 17:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。