2004年12月21日

One little Christmas Tree

私のお気に入りのクリスマスソングがある。
One Little Chirstmas Treeだ。
 
One little Christmas tree was standing alone
Waiting for someone to come by
One little Christmas tree that never had grown
Cried as he looked up to the sky
 
Oh please Mr Father tree, the tallest of all
I'm so afraid and alone
Could one little Christmas tree so tiny and small
Light up someone's home
'cause
One little Christmas tree can light up a home
So one little child can find a toy
One little Christmas tree can light up a home
So one little heart can find some joy
 
One little angel who was riding a star
Cried as she looked down at the tree
Oh please Mr Father tree wherever you are
May I give him the star you gave to me
 
Then in the heavens came a voice from afar
A voice that was heard throughout the world
Go down little angel girl and give him your star
Tonight he'll light the world
'cause
 
One little Christmas tree can light up the world
So those who are lost may find their way
One little Christmas tree can light up the world
So all men may see you on Christmas Day
 
この詩の内容は、小さな小さなクリスマスツリーが、自分が小さすぎて何の役にも立てないから、
森の主である一番大きなクリスマスツリーに、「誰かのお家に行って明るい光で照らしてあげたい」とお願いをするのです。
小さな自分でも小さな子供たちの心に光をともす事くらいは出来るかもしれないからと。
 
そしてそれを見ていた夜空の星に乗る小さな天使が、
その主にお願いをします。
「あなたがくれたこの星を、この小さなクリスマスツリーにあげてもいいですか?」と。
すると、「星をこの小さなツリーにあげなさい。そして今夜、彼は全世界を明るく照らすでしょう」と突然天から声がします。
 
この何も出来なかった小さなツリーは、クリスマスの夜に、全ての人々を明るく照らし、
さまよえる人達を確かに道に歩ませ、全ての人が彼を見れるようになるというお話。
 
ずいぶん前、まだ子供だった頃、キョンキョンが出ているドラマで使われていた曲だったと思います。(めちゃ不確定情報)
その頃は一体何を歌っているか理解してなかったのですが、何故かフレーズがとても好きだったんですね〜。
 
そして今、きちんとこの詩を読んでみると、これってキリストの話なんじゃないかと感じました。
小さなツリーがイエスキリスト、そして、主が神様。
こうやってクリスマスの日に生まれてきたイエスがたくさんの人と出会えるように、
神様がイエスキリストの降誕を星の光で導いた話・・・。
 
私、キリスト教徒では無いのですが、中高とキリスト教の女子高に6年間も通っていたので、
ある程度の聖書は理解しているのです。
(なんといっても、中間、期末試験に聖書のテストがあったくらいですからね〜(^◇^;)
キリスト教も、他の宗教同様、色々なところに矛盾点があり、
中高生の頃はその矛盾を摘発し、先生を困らせるのが好きな困ったちゃんだった私・・・。
 
賛美歌は嫌いだったけど、毎日朝と帰りに賛美歌歌って、歌の練習にもなってたし、
子供の頃は「こんなのやったって何なる?」って思うことも、
大人になって、「やってて良かった」と思えるもんだなと、思いました。
 
ホント、ちっちゃな発見でしたが、なんとなく・・・・。
 
はてさて、今日の小さな発見は如何でしたか?
ぜひぜひぽちっとお願いします!
posted by ぜんぶ at 15:13| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぜんぶままの小さな発見はラブにとって大きな発見でしたぁ〜・:*:・(*´エ`*)・:*:・
ぽちっとな♪
Posted by ラブ at 2004年12月21日 21:49
★ ラブさま ★
おお!そいつは嬉しい!
でも、事実かどうかは定かじゃありませぬが・・(^◇^;
Posted by ぜんぶまま at 2004年12月22日 10:01
この曲、スティービー・ワンダーのアルバムに入ってたから、
スティービー・ワンダーの曲かと思ってた(笑)
そんなわけでモータウン調のOne little Christmas tree しか知らないけど、
たしかにいい歌ですよね。
1月のNYに行くと、モミの木がゴミ捨て場に山と積まれていて、
ちょっとせつなくなります。

>その矛盾を摘発し、先生を困らせるのが好きな困ったちゃんだった
うははは!何事も納得しないと信じられないタイプ(笑)?
わたしとちょっと似てるかもしれない(笑)
Posted by honey at 2004年12月22日 10:56
★ Honeyさま ★
うんうん、すごいイイ曲だよね〜♪

そうかー。使い終わったクリスマスツリーは捨てられちゃうのか・・・確かに切ないね〜(T_T)

生のもみの木を使ってツリーを作る習慣の国には仕方ない事なんだろうけど、この曲を知る限り、こんなに一生懸命なツリーも居るのに・・・なんて擬人化して考えちゃうもの。

納得しないと信じないタイプか?
おほほ。そうとも言えるし、聖書の先生から言わせると私は「単なるひねくれ者」だって・・(笑)
でも、そんな私のお陰で、聖書の授業は白熱し、同じクラスの人たちのテストの点数は、他のクラスの人たちより良かったと、後で先生に褒められました♪
Posted by ぜんぶまま at 2004年12月22日 12:08
グッチ 新作
Posted by ルブタン 通販 at 2013年07月16日 13:43
gucci バンブー
Posted by 水着 ビキニ at 2013年07月17日 20:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。