2011年03月30日

やっぱ肉やねん

お菓子<野菜<魚<焼肉<生肉

私の事をよくご存知な方々は、上記のような式が成り立つ事、ご理解いただけているかと。
私の元気の源はやっぱ肉、肉ですYO!

で、最強である「生肉が食べれるお店」を誘い文句に入れられると、
「イクイクー絶対イクー!」と3回もイクを連発しちゃう今日この頃です。


久遠の空。
「ここ行ってみない?予約入れれば・・・」というサラリと情報を送ってきた某氏。
確実に私の嗜好を把握してるな!と、怖くなりつつも、さっそく予約に行動を移す私!

まずは当日予約Completed!!

「何かお刺身、取りおきされますか?」と聞かれ、
ブレンズ、タン、レバーをオトリオキしたいと言うと、
ほんとはブレンズは前日までの要予約らしいのですが、
「一人前なら」とオトリオキCompleted!

やっぱり私と生肉の相性はサイコーなのでしょう、Mission ImpossibleがPossibleに!

予約後3時間後、中野駅に到着!
中野南口を出て線路沿いにひたすら歩く事600m!
ちょろっと曲がると住宅街のなかに、ヒッソリと、そして、オサレにたたずむこちらのお店!
IMG_3277.jpg

一番乗りを果たした私たち、赤ちょうちん的なお店に慣れ親しんでいるせいか、
Jazzが流れる店内のあまりのオサレさに、少々たじろぎます。
店内だけでなく、お店の人もイケメン、イケジョ。
電話対応もすばらしかったけど、店内での対応もスバラシイ!

IMG_3279.jpg

お通しには、菜の花なんかでちゃったり

IMG_3280.jpg

レバ刺しとタン刺しも、なんとも雅やかな風情。
こちらのタン刺し、コリっ、トロっの歯ざわりが絶妙で、
ゆず胡椒で頂く所がこれまた・・・・♪

IMG_3282.jpg

ブレンズ刺し
もう、私のこと、レクターって呼んで!絶対振り向くから!
ポーションは限りなく小さいのですが、これで豚の脳みその半分なんだそうです。
ちなみに我々のブレンズちゃんは、左脳だそうでして、
豚ちゃんの芸術性を養っていた部分かと思われます。
脊髄、大脳、小脳の3パートにわかれてまして、やっぱり美味だったのは脊髄!

IMG_3278.jpg

焼き物の焼き方は全てお店の方に一番美味しい方法で・・・とお願いしました!
お刺身の価格にしては、お値段が安い焼き物!
決してポーションは大きく無いにしても、とっても丁寧に作られている串達です。

IMG_3281.jpg

黒ガツ。 お醤油がこげた香りがすばらしく、裏側についた油がなんともセクスィ〜
これ、また絶対食べたい!!

IMG_3283.jpg

ハツ。 アミハツという、ハツを油で巻いたものもありましたが、レギュラーハツ120円也。

IMG_3284.jpg

チレとのどぶえ
交互に刺されている油と一緒に頂くチレってばもぅー!
チレ好きの私をプルプルさせます!
のどぶえも、コリコリ感と油のとろみが良い感じ〜♪」

IMG_3285.jpg

コラーゲン
女子として取っておきたい名前ですが、首の後ろ側なんだって〜
これで明日のお肌もプリプリですか〜?

この日はこの後別件があったので、
ビールとサワー一杯ずつで、一人3,000円でした!

刺しは、少量でお値段はお高い気もしますが、
新鮮だし、見せ方、食べさせ方もハイレベル。
焼きに関しては、一本120円とは思えない、丁寧な作り方。

お店の雰囲気も抜群で、デートにも良さそうです。

あえて文句をつけるとしたら、ホッピーが無いとこですかね(笑)
ワインもボトルであったりして、オサレに拍車をかけています。

あ!それから、モツカレーなるものが存在し、
今回食べれなかったので、次回行ってみようかなーと思っております。

中野でモツといえば、絶対「石松」派でしたが、
オサレ気分の時には、こちらも捨てがたいお店です。
posted by ぜんぶ at 14:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒&FOOD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/193233897

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。