2011年12月15日

Studio Kukul館

バリに年2回は欠かさずに行っている私。
バリの良さは、サーフィンするのに適した波もそうなんですが、
何より、食べ物が私のツボを刺激するって事なんですよね。
バリ島の食べ物は全てが辛いのではなく、
サンバルと呼ばれる辛いソースをかけて好きな味に調整しながら頂けるのが良いのです。

そんなサンバルを専門にしたお店が新宿にあることを今朝Rettyにて知った私。
これは行っておかねば!!と、ランチに行ってきました〜!

場所は新宿3丁目、世界堂があるならびの場所。
以前この辺りに住んでいた私でも、こんなとこに店あんの??って思うような
「オンボロビル」とあだ名つけちゃうそうなビルの3F。
私の大好きな「西尾さん」と同じビルで、入り口は西尾さんの反対側。

12:00オープンという事で、11:57に、「あの〜、いいですか〜?」と入店。
「ええ、どうぞ!!」と、マスターに通して頂く。

387621_335398549807773_100000128925422_1422856_293529884_n 387836_335400176474277_100000128925422_1422857_1386991680_n
カウンター4席のお店で、さる と ばく の椅子がすごくイイ!

ランチメニューには、野菜サンバルカレー、野菜サンバルゴレン、チキンか豚のサンバルカレーと書かれてある。
「餃子も食べたいし、カレーも食べたいし・・」と決めかねていると、
「いいよ、適当に出すから!餃子2個でイイ??」と♪
なんともFlexibilityの高そうなマスターですこと♪
マスターの本業の話や、お店のきっかけなどを聞いていると、
なにやらマスター、丸い型的なものを出してきましたよ・・・

377035_335400769807551_100000128925422_1422858_315738977_n
なんと、餃子をその場で皮から作ってくれてます!!

389434_335401003140861_100000128925422_1422859_88079159_n
水餃子にしても、絶対に美味すぎるであろう、もちもちのマサラ餃子♪
サンバルをがっつりつけて頂くと、皮はもっちもち、中の肉汁がじゅわーっと。
餡にもスパイスがたっぷり入っているのか、とても複雑な味が激しく美味しい!!

382588_335402019807426_100000128925422_1422861_759610489_n
「これビール行かないと無理かも・・・」と、360円の生ビールを頂いちゃったことは内緒で・・・。

392082_335413456472949_100000128925422_1422953_1935797217_n
そして続いてのチキンサンバルカレー♪
作っている最中から、香辛料の素敵な香りで包まれます。

チキンサンバルカレーは、野菜もチキンもたっぷり!
ごはんはケーファンで、鶏のスープで炊いたご飯♪
「はい、これ!」って追加のサンバルをくれるマスター、私のツボを既につかんでくださった様子♪
それにしても、このサンバルカレー、スパイスたっぷりなのですが、
野菜や鶏の旨みをがっつりと引き出してて、とても良い!!


379028_335413649806263_100000128925422_1422954_1941861398_n
そして、スープも頂きましたが、これがおいしー♪
マレーシアのスープだそうですが、今日はモツ入り。
中身は日によって変わるそうですが、今日来た私はラッキーだぁ!!

ちなみにビールを抜いて、このコースで1,000円と、なんとも破格値!

いやいや、ほんとに、私の幸せのツボをつき過ぎだって言う位、スバラシイお店です。
「マスター、私、ここにも自分の幸せを発見しました!」って言うと、
嬉しいなぁ〜とマスター。

決して万人に好かれる料理じゃないの判ってるから、
口コミでこの味にあう人達が集まってくれればそれでいいんだ〜というマスター。

という事で、余りにもウマシウマシと食べている私に、
メンバーカードを進呈してくださいました♪
メンバーは店休日でも、電話さえくれれば、集まってもいいんだよ。
ここは一品くらい頼んでくれれば、お弁当持ち込んで食べてくれたって良いんだから。と、マスター。

あー、なんともFlexibleで素敵なお店なんでしょう♪
次は夜に呑みに来よう!(呑んだけど・・・)

 

posted by ぜんぶ at 17:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒&FOOD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。