2006年11月16日

だまされたと思って・・・・

福岡空港に到着したら、5年ぶりの父と姉と甥っ子発見!
いつまでも若いと思っていた父親。
年とったら毛が薄くなるに違いないと30代から話していた父親。
その彼の頭が白髪になっていて、ちょっぴり悲しくなる・・・・。
(いや、薄くなってなかったから悲しいんじゃないのよ・・・(笑))

そんなお父ちゃん。
美女4人(もちわたくしも含む)を目の当たりにし、ちょっと胸キュンしてるっぽい。
そうか、見た目は歳をとっても、本質の部分は歳なぞとっとらんのだな。
と、別の意味で郷愁・・・・・(笑)

さて、12:00に空港に到着した我等。
お父ちゃんの車に乗り込み、「ランチどうしますかねー」と、話していると・・・・

「美味い蕎麦屋があるっちゃんねー。そこにいかんね?」と、胸キュン中の父ちゃん。

いや〜父ちゃん、我々は博多に来とっとばい。なんで蕎麦なぞ食べないかんとね?
と、心の中で思いつつ、「いや〜・・」と言いかけたその時!

「騙されたと思ってそこの蕎麦ば食べてみちゃらんね!」

もう、父ちゃん。東京から到着したばかりで『麺といえばとんこつラーメン』な我々に
有無を言わさず蕎麦屋に連れて行く。
東京からの友人3人(うち一人はそばフェチ)を引き連れて行く蕎麦屋。
これで不味かったらこの旅、私の人気はガタ落ちだな・・・うるる・・・・等と考えつつ
父ちゃん運転の車の助手席に座る私・・・。

竹下にある中世博多うどん春月庵

う・・・・うどん・・・??

父ちゃん、うどんって書いてあるやん。 ここはうどんば食べないかんとやなかと?
もちろんそれも心の中で父ちゃんに聞いてみるが、
「皆の分のオーダーは私に任せちゃらんね。」と、俄然やる気まんまん。
店は全部で14席しかない小さなお店。
ランチタイムだから入れないかも〜と言っていたが、なんと、もの凄い好タイミングにて
5席のテーブルが空く(笑)

このお店、麺の量は3玉まで同じ値段。
それもざる500円。ごぼう天ざる550円と脅威の低価格。

と、言う事で父ちゃんが勝手に我々のオーダーを。
「2玉ざるを2つと、2玉ごぼう天ざるを2つと、あと、私は2.5玉ざるで。
 あとお握りば握っちゃらんね」


そしてやって来たのがこちら!
この蕎麦、見た目的には特色の無いそばじゃなかねー!
と、一口頂く・・・・

ひょぇぇええぇぇ〜!( ̄个 ̄)
すっごい腰!こしですよ、コシ!
見た目べろんべろんなこの麺ですが、もんのすごいコシ!
口の中で麺が主張しまくりです!
そして麺をつけるダシが濃厚で旨し!

一緒に出て来たごぼう天も、別籠に盛られ、結構な量。
そして驚くべき事は、揚げたてなのか、暖かいサクサクのごぼう天。

これがこんな値段で食べれるなんて、博多ってさいこーー!!!!
と、皆ご満悦♪

こちらのお店、平和フーズという製麺所に隣接しているので、
打ちたての麺が食べれるという最高の立地にあるのです。

博多最初のグルメは、なんと有り得ぬ事にうどん屋で食べる蕎麦。
しかし、その味たるや、その値段からは絶対に予想出来ぬ最高の旨さでありました。

父ちゃんに騙されてみて良かった・・・・♪

■ 春月庵 (しゅんげつあん) ■ 

福岡市博多区竹下1−9−12  平和フーズ内
092-431-1428 
日曜・祝日 
11:00〜16:00 

人気Blog RankingへGo!

posted by ぜんぶ at 13:33| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 2006 Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお〜っ、
いつの間にこんなに更新しちゃって!!!
美味しそうなお料理の数々、たまらんです。
姐さんのオイタも絶好調♪
おかやんの
「五年ぶりの里帰り、父ちゃんの白髪に切なくなる。親不孝な娘でごめんね。これからは毎年帰るけんツアー」
それからどうなったの???
一緒に風呂に入って背中流してあげた?
Posted by suji,a,a at 2006年11月16日 14:16
いやいや。
この蕎麦屋はうまうまさんでしたねぇ〜
こりゃ博多?そば???と
思ってはいかんですねぇ〜
あのごぼう天にもかなり心うばわれまった(^o^)丿
博多に行く機会があったらぜひ行きたいっす!
ってか。。。場所覚えてないけど・・・(;一_一)
Posted by ほくねぇ at 2006年11月16日 23:07
おとーさんさすがですね!
そこの蕎麦屋・・じゃなくてうどん屋行ってみたいよ〜!
しかも、おとーさんにオーダーもお願いしたいです。
Posted by エリンギ at 2006年11月16日 23:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27591242

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。