2004年08月28日

House of Sand & Fog

サンフランシスコの家の抵当権を題材にした作品。

アル中から復活したCathyがたった500ドルのTAXを払わなかったからと家を競売にかけられ、その家を格安で買ったのが元イラン大佐のベラーニ。そこに警察訓練師がからんで、家の抵当権を巡って、どんどん酷い方向に話が向いていく。


くらーーーーーい!なんか、何もかもが嫌になるような作品でした。
人間の悪いところとか、タイミングの悪さとかを重ね合わせて作ったいやーな雰囲気の映画でした。
アカデミー賞三部門とってるらしいけど、暗さNO.1なんじゃないですかね?
【関連する記事】
posted by ぜんぶ at 23:17| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | MOVIE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。