2005年09月25日

2005.09.23 Zion National Park

Bryce Canyonを後にして、先日Upした、 Zion のKolob Partに引き続き、
Zion National Parkのメインパートへ来場しました!

こちら側のZionは、環境汚染などの問題を緩和すべく、
公園内へのマイカーの乗り入れは一部を除き、禁止されています。
我々、その一部である、マイカー乗り入れOKの特権を持っています。
その特権とは、公園内にある唯一の宿、Zion Lodgeの予約を持っているのです。
おとやんが毎日Websiteをチェックして、やっと取れた一部屋でした。

部屋といっても、キャビンの一軒家で、暖炉も付いていて、TVなど無く、
なかなか自然を満喫できるタイプのお部屋です。

さて、チェックインを終え、早速今日の目的だった、The Narrowsへ向かいます。
このトレイルに行かないと、Zionへ行ったとはいえない!と言えるほど
有名なトレイル・・・岩壁が両側に垂直に聳え立つバージン川の中を歩いていくトレイルです。
奥に行けば行くほど、その岩壁は、狭くなっていき、名前どおり
Narrows(狭く)になって行くのです。

はじめは、足首程度の深さなのですが、どんどん水深は深くなっていき、
30分程歩いた場所では、159cmの私で、胸まで浸かる程の深さに!!


もう、ここまで濡れると、どうにでもなれ状態(笑)
結局胸の上まで浸かってこの場を乗り切った私。
それにしても、冷たい水でした(>_<)
前回のこの場所は、太もも位の深さだったのに・・・・。


ちびっこの私が渡ったのを確認すると、大勢の人がわたり始めました。
なんともものすごい人数だったので、まるでバッファローの大群が川を渡っているようでした(笑)

この場所を過ぎると、また水深は膝程度になり、びしょ濡れのままどんどん進んで行きます。


だんだんと狭くなっていく岩壁の間隔・・・・。
話によると、更に奥に進むと、間隔が6m程度になるそうです。


写真でもよく判るかと思いますが、今回は結構流れが急でした。
もちろんこの写真は、おとやんが、川の中に入って撮影したものです。

更に奥深くまで行きたかったのですが、今回はここで帰ることに!
何故なら、Zion Lodgeの中のRestaurantで18:30に予約を入れちゃったから。

Narrowsは、名前の通り狭い川なので、少しの雨が降っただけで、
濁流となって歩く人を襲うそうです。
天候が危うい日は絶対に行っては行けないトレイルなんだそうです。


そして、本日のDinner。
あまりにお腹が減っていたので、食べかけですが、
私のオーダーしたToday's Special のSalmon。
ジャガイモののニョッキと、パルメザンクリームソースがうまうまでした♪


そして、おとやん注文のプライムリブ。
今日はOutsideでお食事でしたが、蜂がサーモンにたかってきて、
蜂と戦いながらの食事で、あまり食べた気がしませんでした。

posted by ぜんぶ at 13:23| デンバー ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 2005 Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Hiおかやん!
1日複数回の詳細なレポートを楽しみにしています。
> ちびっこの私が渡ったのを確認すると、大勢の人がわたり始めました。
笑いましたー。写真を見たら、ぞろぞろ、ぞろぞろ…。群れが音を立てていました。
そうだよね。私たち東洋人って、日本では標準サイズでも欧米に行ったら平均的にちびっこ。

お留守番ぜんぶさんには気の毒だけど、次なるレポートを楽しみにしていますので、引き続きご旅行を楽しんでいらしてください。

ああ、それにしても食べ物のおいしそうなことよ〜。
Posted by しぴ at 2005年09月25日 16:11
ひゃ〜!昨日から急に冷え込んできた日本(広島)!水に浸かるおかやん見てブルッっときたわ!水の中を行くのって変ってるね。
冷えなかった?お腹痛くならなかった?
もうすぐ日本に帰ってくるね〜。
旅行のレポートも楽しいが、ぜんぶ姐さんのお姿が見れないから、だんだん寂しくなってきたわ・・・。ルークママも早くぜんぶ姐さんに会いたい!
Posted by ルークママ at 2005年09月25日 23:40
ここのトレイルはまたまた厳しいですね。
日本では考えられませんね。
この後は濡れたまま行動したの?
風邪など引かれませんようにネ。

お食事おいしそぉ〜!
バックの岩壁がすご〜く気になりました、ハイ。

Posted by スウ at 2005年09月25日 23:52
切り立った断崖の中を
川の水に浸りながら
ズンズン歩いているおかやん。。。
逞しいわ〜〜〜〜
そんなおかやんの腕に抱かれてみたいっす♪
Posted by sujimama at 2005年09月26日 08:46
うまそうなっ太もも・・じゃなくって
サーモンだわっ♪♪
おとうやんのステーキもボリューム満点で
アメリカンサイズだわねっ
急流に見えるけど、よく頑張ったご褒美だわねっ
蜂に負けるなっ食うのじゃーーーっ
Posted by lovesea at 2005年09月27日 11:39
★ しぴさま ★
そうそう、そうなのよね〜
日本じゃデカイ私ですが(態度も・・・)、アメリカ行くと、
すっごいちびっこに思われるんだよね〜(笑)
すでに30うん才の私でも、アルコール買うときに「ID見せろ」と言われちゃう、
とぉ〜ってもうれしい国だよプププッ (*^m^)o==3
蜂さえもたかってしまううまうまな食事♪
たっぷり食べてちびっこ解消しちゃいそうです

★ ルークママさま ★
日本、こんなに涼しいとはびっくりでした!
この川の中、もんのすごーく水冷たくて、ひゃーひゃー言ってたけど、
私、胃腸は強いので、お腹壊すことも無く無事でしたよ。
ぜんぶ姐さんとの再会は涙もんでしたけど、
また明日涙もんの、別れです(T_T)

★ スウさま ★
ずぶぬれ後は、すぐにロッジの部屋に帰って、シャワーあびました(^-^;
さすがにぬれたままの行動はやばそうだったので・・・(笑)
確かにこのトレイル、日本じゃありえないですよね・・・。
鉄砲水のような濁流で死んじゃう人まで居るトレイル・・・
ああ、アメリカならでわです。

★ Sujimamaさま ★
おう、いくらでもこのたくましい腕でだいてやるぜ、べいべ〜!

★ Loveseaさま ★
いやぁ、ほんと、蜂には閉口しまひた(T_T)
あんなに集られた日には、食事も出来ないっすよ〜
(とはいえ、全部食べましたけど・・・)

Posted by ぜんぶまま at 2005年09月28日 19:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。