2004年12月03日

アユタヤへの旅 〜 トゥクトゥク編

ライスシャワーでめでたい気分になりながらの鉄道の旅は、1時間半で終わり、
アユタヤへ到着!
硬い90度の椅子に座って 硬くなったお尻に くっついたお米を払い落としながら、
鉄道を降りました。
 
早速トゥクトゥクの勧誘の人々に囲まれる私達・・・
予定を立てている相方に話を聞くと、「ここから船に乗って向こう岸に行くべし!」との事。
 
かたことの英語と日本語で話しかけてきたお姉さん、
「ここからは乗らない」といっているのにも関わらず、
余りにもしつこく、無視して進む事に・・・・
 
船に乗り、くっちゃ〜い真っ黒な川を超え、対岸にやってきました!
 
船から降りるとまたしてもトゥクトゥクの勧誘の人々に囲まれる私達・・・
その中から一人、お兄さんと交渉を始める。
「一人200バーツで全員で600バーツ。それでアユタヤ全部見せる。」との事。
怪しいながらも、政府観光局により管理されているという証明書を見せるので、
それでOKした私達・・・
 
さー乗り込むかー、どの車?と、聞くと、何故か向こう岸に居たはずのお姉さんが現れ、
あれよあれよと我々を自分のトゥクトゥクに連れて行く・・
あれ?そうなの?なんで?
再度同じ金額かを確認し、お姉さんのトゥクトゥクへ。
普通なら3人で乗ればゆっくり座れるはずの座席なのだが、
お姉さん、大きな荷物を積んでいるため、3人でぎゅうぎゅう詰めの荷台・・・。
 
お姉さん曰く、「後で片付ける」。
じゃ、ま、いいかーと、最初の場所へ。
 
30分位かけて遺跡を廻り、戻ってくると荷台の大荷物の上には・・・・
なんじゃこれ?
 
お麩のようなパンの様なものに、マルボロの上に飾りがついたものを突き刺してある。
その真ん中に、お線香と、ろうそくが刺してありました。
 
(?_?)になってそれを見つめている3人に、お姉さん・・・・
「今日はロイカトーンのお祭りだから、これを売ってお金にするの!」
 
な、なんと、私たちが観光している時間、この内職をして待っているんだと・・・。
 
「へ、へぇ〜、そうなんだ〜」と、ちょっぴり驚きながら笑っていると、
「あなたも荷台に乗ってる間に作れ。私のヘルプをしろ」
と、私にもこの内職を手伝えと言う・・・
 
もともとトゥクトゥクの荷台は大きく揺れる上、この大荷物のせいで狭く、
足を伸ばす事も出来ない私に手伝えだと〜!
もちろん、内職の手伝いをしないまま、次の場所へ移動。
 
そして次の場所で30分ほど観光後戻ってくると・・・
 
あれ?ない??お麩カトーンが、全てなくなってる・・・
 
お姉さんニコニコ顔で言う。「全部うれたよ〜」
 
へっ?作成だけでなく、販売までやってるのかい?
 
その後も観光ポイントに着く度に、カトーン作成、販売を行うお姉さんドライバー。
(カトーンは10バーツで販売していた様子)
 
ナンとも、Thaiの人の強さ(あつかましさ)に 驚いた3時間でありました(^◇^;
 
いつまでたっても観光話が出てこない私のThai旅行記・・・、
まだまだ観光以外の面白話が続く予定・・・
飽きずに読んでね〜! 今日のランクは?
posted by ぜんぶ at 15:49| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 2004 Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月01日

ロイカトーン♪ろいかと〜ぉ〜ん♪

11月26日は2004年度のタイでのロイカトーンというお祭りの日。
我々はお祭りがある事など一切知らずにこの旅程を組んだのだが、
タイに行って、このお祭りがあることを知りました。
 
相方の大学時代の友達が、バンコクに住んでいるので、その夫婦にお祭りに連れてってもらいました!
 
ロイカトーンとは、毎年11月の満月の夜に行われるタイの灯篭流しの事。
バナナの葉で蓮の花や船の形をした灯篭(カトーン)を作り、雨期明けで満々と水を湛えた川に流し、
水の精霊(ピー)に感謝の意を表わすと共に、自らの罪や災いを流し、魂を清めるという行事なんだそうです。
 
ロイ : 流す    カトーン : 灯篭 
を意味するんだそうです。
(上記、日本での後日調査也 )
 
タイの人々にとっては、たいへん重要な行事であり、若者たちの間では、
一番大事な恋人とこの日を過ごすそうで、川に流した灯篭が、
火が消えることなく長時間浮かぶかどうかで、将来の二人の行方を占うんだそうです。
 
川に流れる灯篭達。
 
このお祭りは、川があれば、どこでも良いそうなので、
我々も是非ともロイカトーンを満喫しようと、ライトアップが美しく、
チャオプラヤ川に面するワットアルンへいそいそと出かけてゆきました。
 
昼間に一度ワットアルンに来ていた私たちですが、夜はより一層の美しさで、一同ぽーっとしちゃいました。
ワットアルンまでの道のりは両脇に出店が出ていて、まるで日本のお祭りのよう・・・。
衛生上良く無いと言いつつも、揚げ餃子、焼きイカ(半生加減がやばそうでした)、サテ等を買って食べる。
 
こんなものまで売ってたりします。そう、虫、虫ですっ!<(T◇T)>
さすがにこれには手を伸ばしませんでしたが・・・(^-^;
 
そうそう、カトーンも買っておかねば!
カトーンもたくさんの出店が出ていて、それぞれ多種多様なものがその場で作られていました。
高額なものから、すっごい安いものまで・・・(^-^;
 
さすがにカップル行事、高額(でも、150バーツ=400円程度)なカトーンの店には、
若いカップルが押し寄せています。ハート型で作られた豪華なものもあり、
イチャイチャカップル達は「ねーん、どれがいい〜♪」等と選んでます。
 
もちろん、私達10年夫婦(まだ9年だけどね)はと申しますと、お安い30バーツ(90円程度)のものを選択。
購入後、ライトアップされたワットアルンの中で写真を撮りつつ、
川岸へと向かいます。
 
カトーンを流す為に、船着場を一箇所占有していて、2人のお兄さんが、
そこから長い棒にザルがついたようなものに皆のカトーンを乗せて、一つずつ流しています。
 
余りの人の多さに、一度はこの川に流すのやめて、どっか別の場所で流そうかとひるんだものの、
花火が上がるのを待っていると、人の数は少々減ってきたので (ちなみに1時間半待ったのに、あがった花火は数発・・・)
早速私たちも〜♪と、イソイソと船着場へ・・・
 
蝋燭と、お線香に火をつけ、川岸に下りていくと、
「あれ?火、消えてるよね?」 「いや、もう良いよ、面倒だ」 と、
相方と二人で既に火の消えたカトーンをお兄さんのザルに入れる。
 
「さ〜流れるかな〜♪火は消えちゃってるけど、ま、良いよね〜」などとウキウキ♪
お兄さん、ざるを川の中に入れ、私たちの30バーツカトーンは流れていく〜・・・・・
 
あ゛
 
ふ、船が、船がきたぁ〜!!!!
 
波しぶきをあげ、突然突っ込んできた船。
ロイカトーンの為に占有になってたはずの船着場に船が着く
 
そして、私たちの放たれた時には既に火のついていなかったカトーンは、
船の波しぶきで水浸しになった後、
川の奥底へと潜っていったのであった・・・
 
ザルから放たれて後、その間5秒!
そう、私達夫婦の未来は、5秒間で沈んで行ってしまったのです〜<(T◇T)>
 
その後流した、友達夫婦のカトーンはちゃんと火がついたまま
川に流れて行きましたとさ・・・・
ろいかと〜ん
ああ、かなしやろいかとーん・・・
短い未来を予言された夫婦に一票を
posted by ぜんぶ at 13:27| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 2004 Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月30日

なぜバンコクだったのか?

11月22日から11月28日まで可愛いぜんぶを日本に置き去りにしたまま
Thaiのバンコクへ行って参りました!
 
今回のこの企画、急遽決定したのですが。
UA(ユナイテッド航空)のマイレージを活用してアメリカに行っている私達。
今年は出張を入れて4回の海外旅行に行った私と、2回のアメリカ旅行に行った相方。
いやがおうにもマイルはたまり、あと2000マイル程で Premierメンバーになれるという所まで行っていた事に気づいた相方!
これは行かねばならん!と、2000マイルが加算される国で、ユナイテッド直行便が飛んでる国をサーチし、
バンコク行きを決めた訳です。
 
なんだかすごい理由ですが、もう、「旅行に行く!」と、一度決めたら猛烈にウキウキする相方。
とにかく、旅の旅程を組むのが大好きで、毎日地球の歩き方Thai編を読み耽る・・・。
 
普段、秘書と言う仕事柄、多種多様な旅の手配をしている私ですが、
そんな相方が居るお陰で、なーんにも決めなくて良くて楽チンなのです♪
飛行機の手配、ホテルの手配はもちろん、あちらに着いてからのスケジュール、レストランなども、
全ておまかせ♪
 
今回も、予備知識は何も入れずにThaiへと旅立つ事になりました!
 
せめて、飛行機の中で地球の歩き方位読んでくれーと哀願する相方を尻目に、
飛行機の中は映画よー!と、映画鑑賞に浸った私でありました!
 
どんどん続くバンコク旅行記!ペット関係じゃなくてすいまそんm(_ _)m
posted by ぜんぶ at 18:43| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 2004 Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月11日

アラスカ航空

ずいぶん前の話ですが・・・・
この9月にアメリカ旅行に行った事は前にも書きましたが、
Wyomingに行く為、日本から24時間もかけて色んな空港を廻っておりました。
 
シアトルの空港でたいくつじゃ〜!と、している時、ふと、窓の外をみると怪しいデカ顔のおじさんが動いている・・・
いや、これは飛行機だ!
あれは一体何?
 
 
おじさんの正体は
機体に描かれているシンボルマーク!
 
 
 
え?Bob Marley? 
 
BOBファンの人に殴られそう・・・・。先に謝っときます。ごめんなさい。
 
帰国後調べた所、あれはアラスカ航空のシンボルマーク、エスキモーのおじさんなんだと。
アラスカ航空はシアトルを拠点にしているそうで、アラスカへはもちろん、暖かいカリブ海のリゾート地等にも運行しているそうで、
エスキモーおやじに見守られながらリゾートに降り立つ気持ちってどんなだろう・・・と、想いをめぐらせてみました。
 
posted by ぜんぶ at 14:32| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 2004 Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月23日

Rock Bottom Mug Club

Rock bottom Breweryってご存知ですか?
アメリカではチェーン展開しているBreweryなんですけど、チェーン展開しているのに、各店、色々なBEERを作ってだしてるんです!(^v^)
昨日、デンバーの南にあるお店に行ってきました〜♪
そして、またまた出ました、メンバーズカードフェチの私♪
作りましたっ!

/media/ROCKBOTTOM.gif

これがどんな効力を発揮するのかは知らずに作ったんですけど、本日、今度はデンバーのDowntownにあるお店の方へ・・・

このカードがあるんだけどー・・・と、出すと、ウェイターのお兄さん、ニヤリと笑って、持ってきてくれましたっ!
巨大BEER.!Pintでも大きいのに、その1.5倍の量もあるようなBig Beer Mug Cup!

/media/WATASHI&BEER.gif

大好きなPIZZAと、巨大BEERに囲まれて幸せ満載の私・・・♪

ああ、メンバーズカードって素敵♪
posted by ぜんぶ at 19:40| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 2004 Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月15日

下山成功!

今日は昨日と変わって良いお天気!
と、言いたい所ですが、まだまだ小雪がちらほらしてます。
隔離Lodgeからの脱出は、昨日午後には解け、何とか雪と雨と戦いながらの観光をしました。
そして、今日は何とかほんのちょっぴりの晴れ間を望め、今日もYellowstone内を車で走ってきました。
そんな中、Upper Fallで見つけたかわいこちゃん♪
 
 
鼻、垂れてますけど・・・・
 
いなかっぺ大将の風大左衛門の涙を思い出しました。
この雪ダルマ、作ったの、日本人ですか?
posted by ぜんぶ at 19:06| 東京 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | 2004 Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月30日

ドイツでの日本のあり方

ちょっと気になりました。

昨夜泊まったFrnakfurtでのホテルおあずけ食らって待ってる時にTV観てたら「FirstLove」を外国人(ヒスパニック系)が歌ってる番組やってました。
おやおや、宇多田も国際的だわ〜と関心していたら、NHKの素人の歌番組を日本語放送としてやっていただけでした。

チャンネルを変えると、「もののけ姫」やってました。
全てドイツ語に吹き返られてました。
でも、吹き替えしている声の人が、日本人の声とそっくりでした。すばらしぃ!

今日、ハイデルベルグで観光船に乗った時に後ろに座ってたお姉さんが着ていたTシャツに、日本語がかかれてました。
「渡止お町」と書かれていました。
一体これはどんな意味だろう。彼女はしきりに中国語の「いーあるさんすー」を何度も子供に教えてました。
でも、「お」が入っている以上、あれは日本語なんだけど・・・。でも、意味が・・・<(T◇T)>

フランクフルトのホテルの朝ごはん、Buffetスタイルでした。ドイツのおいしいハム、ソーセージ、チーズ、パン等が並ぶ中、日本食コーナーが・・。
ご飯と、味噌汁と、らっきょう。
らっきょう・・・??なんで?

Book Shopの窓に大きな看板が・・・。
Books&MANGA
MANGA=マンガ=漫画
Comicsではなく、MANGAが言葉になってるのね。

EDAMAMEも、EDAMAMEとしてEuropeで出回ってるものね。


posted by ぜんぶ at 03:23| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 2004 Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。