2008年05月27日

晴天が悔しいなんて・・・。

お天気最高ですね。

RIMG0217 RIMG0218 RIMG0219
ぜんぶさんと朝の散歩しながら、天気の良さを嬉しく思ったり、悔しく思ったり・・・(笑)

なんでかっつーとですね・・・・

鬼コーチが今日はサーフィンしに行ってるからなのだ!!

昨夜、ハリのある声で、連絡が入り、
「明日海行ってくるね〜うふ♪(って言ったっけか?いや、聞こえた!)」

前々回行ったスバラシイ波がたつ、例の千葉北ポイントへ
おそらく行ってるんじゃないかと・・・。

あ〜うらやましいっ!
この所私が行ってる日曜は、お天気悪いからなぁ。

でも、私と出会う前の鬼コーチは、混みあうWeekendの海になんか
入らない人だったのに、最近は私の休みに合わせて休んでくれてるし。
週休2日なんて、去年からなかった鬼コーチ、
たまには楽しいお休みを取って頂ければこれ幸い・・・・。

そう思うと気持ちは落ち着くものの、

やぱーり、ぐやじい!!o(TヘTo) クゥ

いい天気でいい波乗れるのって、ほんと、なかなか無いんだもんなぁ。
そう考えると、波が高すぎて怖いからつっこめないー・・なんて言ってるのって
モタイナーイのよねぇ。

と、反省文を書いてみたり・・・。

やっぱり、落ち着きませんね(笑)

まぁ、どうせなら、最高の波が立ってて、
鬼コーチを含む、本日たった今 サーフィンしてる皆が、
スバラシイ一日を過ごせますようにー!!

posted by ぜんぶ at 11:29| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | Surf | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

最高の一日@千葉北

「今日は風の向きが良くなさそうだなぁ。
って事は御宿激混みで入るか・・・・うーん。」

日曜の朝、そう言って悩む鬼コーチ。
先週、御宿激混みで入水し、1時間ちょっとでコーチ上がっちゃったもんなぁ。

そう言いつつも、伊勢海老釣りの準備は怠らないAB型。

車中でも、あらゆるサーフ仲間への連絡を怠りません。
「おはようございます〜!今日は何処に入るんですかー?」
と、電話をかけまくり、出来る限りの情報を手に入れます。

私のような初心者サーファーではあり得ないスゴイ情報が手に入る時があるんです。

トイレ休憩に高速のPAに入ると、
「おぉっ!おはよ〜ございます!」とイキナリ隣の車の男性に声をかける。
えええーコーチ、あなたってどんだけフレンドリーなのぉー!と
愕いていると、どうやら、コーチが高校生の頃にサーフィンに連れてってくれていた
先輩サーファーのお方だったそう(笑)
なんという奇遇!

もちろん、先輩さんにも「今日は何処入るんですカー?」と研究熱心なコーチ。
色々と情報を聞き出し、
「さー、どうしようかー?」と話していると、今度は電話が鳴ります。

次の情報提供者は、コーチのナイトライフでお世話になっているというサーファーのお方。
どうやら、昨日入ったポイントが良かったので、今日も行くんだーとの事。
地形が今すごく良いそうで、良い波が立ってるそう。

先ほどの先輩サーファーさんも、近い場所を言っていた事もあり、
今日のサーフポイントはこのTheナイトライフ先輩と同じ場所で!という事に。

Image460~00  
今日はポイントは千葉北。
いやぁー、スバラシイ波が立ってますが、沖でブレイクしてますねぇ。
もちろん、あの場所までパドルするんですよねぇ・・・。
そんな弱気な事を言うのが、今日は私だけでなく、
女性がもう一名居て、ちょっとホッとしてたりして・・・(笑)

でも、よくよく見ると、テトラ横はカレントが強くて、
スイスイーっと沖までサーファー達を運んでくれてます┌(。Д。)┐

こりゃぁー、いいぞぉ〜♪
って事で早速準備して入水!
さー、カレントちゃんよ、私を沖まで連れてって〜!

ものすごいパドルの名手になった様な気分で沖まで出ると、
ドシドシと割れる波がやってきます。
Theナイトライフ先輩と、鬼コーチはもちろんメインのピークあたりを、
大勢と競い合っておりますが、
我々か弱い(笑)女性陣はメインは避けてずれた場所にてポジショニング。

それでも、セットのオコボレ等も来るので十分楽しんでいたのですが、
パドルしてきた鬼コーチから、
「そこに居たら波来ないから、あっちに移動!!」と、追いやられてしまいました(笑)

いやー、くるくる、波が来る来る!
一度乗れずに、まかれた後にボードに乗ってふと後ろを見ると、
更に沖で波が壊れてスープの波がやってきます。
まぁ、これ位ならと、沖に向かってパドルしてましたが、
ものすごい勢いのスープにしっかりと持っていかれ、
ご丁寧にも、向きまで変えて頂き、しっかり立って乗っちゃったり・・・(笑)

とにかく、スープでも十分楽しめる波で、すごい楽しい♪

1ラウンド終了後、ちょっと一休み〜♪

Image462~00
Theナイトライフ先輩がビールのお裾分けをくれたので、
私は、会社の同僚がくれた、あの、幻のポテチ、じゃがポックルを御裾分け。
カルビーが北海道で限定販売しているスナックのじゃがポックル。
いやー、うんまいですわー。
Image461~00
サクサクっとしてて、ビールにぴたーりでした!

美味しいビールとじゃがポックルのツマミを頂いた後、
さー2ラウンド目突入です!
もう、すごい良い天気だし、人はだんだん減ってくるし、最高のコンディション!

しかし、私の肩は、もうパンパン!
いくらカレントに乗って沖に出れるとは言え、何度も往復してると、
さすがにくたくたです(笑)
こんなに良いコンディションなのに、腕があがりましぇんo(TヘTo)

何度か乗った後、浜でちょっと一休みしていると、そこには親子連れの団体が。
まだ4歳くらいの子供が、いい気になって、海に向かって走っていきます。
危ない!と思った瞬間、子供はすっころび、そこには大波が襲って来てます!

「あぶなー!」と言いかけたら、そこにもう一人小さな子供を抱えたお父さんが
走りこみ、間一髪でその子を片手でゲット!
ギリギリセーフで子供を助けたのは良かったけれど、
お父さんのサンダルが海のカレントに乗って、今、まさに沖にGO Surf!な感じで
流れて行きます。

そんなかっちょええお父さんのサンダルを海にながしちゃぁならん!と、
私、休んでいた事を忘れて海にパドルアウト!
サンダルゲット!
親子からは拍手が!!

し、しかし、カレントが強く、全然岸に戻れません。
なんなら、波がある場所まで戻って、サーフィンして戻って来る方が
早いんじゃないか?と思ったけど、親子は不安そうにこっちを見ているので
急いでもどらにゃーと思い、必死でパドルするがもどれましぇーん。

「おとうさーん!すいませーん!潮が早いので、そっちに戻れないので、
なげまーす!!」と叫んで、お父さんの方に放り投げ、なんとかサンダルはお父さんの元に・・・(笑)
なんともかっちょ悪い結末に・・・o(TヘTo)

まぁ、おとうさんも、きっと私と同い年位の人なんだろうに、
こんな私に「おとうさーん!」って呼ばれるのもどうかと思っただろうケド(笑)

良いことしたので、コーチに伝えたくて、また必死に
沖までパドルして、「あのね、コーチ!家族連れがいてね!」と
話し始めた所で、セットの波がごごーん!
良い波だったので、話途中でコーチは波に乗って行っちゃった〜o(TヘTo) クゥ

結局5時間程、スバラシイ波で遊び倒し、
もうクタクタよれよれで海からあがる。
まずは鬼コーチがあがってくるが、ポイントにはなんと2人しか入ってない!
「今行けば貸切だぞぉー!」
そんな「貸切」とか、「特価」とか、「本日のみ」とか、「Happy Hour」とか、
そんな言葉にほろほろっと行ってしまう私がいかないでかっ!

貸切状態のメインピーク!セットが入ってきたとたんに叫ぶコーチ!
「よし!いけ!」
必死でパドルして今まさに波に乗ろうとしたとたん、

「あ!だめ、これ無理!」 と叫ぶコーチ

「えええーーーー!!!」

あっけなく波に巻かれる私。(笑)

残念ながら貸切をうまい事活用できなかった私ですが、
セットに巻かれたことで充実感を感じつつ海からあがる、ドM女。

合計5時間の波乗り、最高のお天気に、最高のメンバー!
全身筋肉痛で辛いですが、そんなのも、Giftな気分になるほどの幸せな一日でしたー!

posted by ぜんぶ at 12:15| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | Surf | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

気持ちとはうらはらに・・・

GW最終日の茨城サーフが最高だったので、ほんの数日だというのに、
週末が待ちきれない程、サーフィンの事ばかり夢見ていた私。

しかーし、天気予報はなんと残酷にも雨。それも日曜日は70%の降水確率って、どーよ、あんた・・・。

土曜の夜に千葉入りするも、極寒+雨。

「ねー、ホントに海行くの〜?」と、鬼コーチが何度もいぢわるな質問をしてきますが、
行くに決まってんでしょー!

日曜の朝、目を覚ますと、外は雨!そして風びゅーびゅー!
さらに気温も低いっ!

「この風向きだと、御宿だな〜」
と、御宿へ向かいます。

「1ラウンドであがったら釣りするわー俺」
えーん、鬼コーチったら、やる気ゼロじゃないですかっ!
まぁ、この寒さ、風、波の悪さじゃぁ仕方ありませんね。
前回の茨城BBQにおいて、
「ねー、サーフィン復活するのやめて、もっと海老釣ってよー」
と仲間に言われ、
「俺は海老に期待された男だからな」と、ほくそ笑んで居たしなぁ。

と、言う事で海に入る前に、いつもの釣具屋さん、餌しげへ・・・・
釣具屋さんに着いたとたんに、鬼コーチの携帯が鳴り電話で話しはじめるコーチ。

「じゃー、私が赤イソメちゃんを買って来てしんぜよう!」と店内に。
今日は天気も悪いし、釣り人など、全然来ないんでしょう、お店はしーんと静まり返っております。

「すいませーん!赤イソメくださーい!」
すると店長さん登場!
赤イソメを手際よく持ってきてくれたかと思ったら、
「天気悪いから新鮮なやつ仕入れてないんだよー。だから、タダで良いよ、タダで!」
「えええ!そ、それは申し訳ないですよー」
「いやー、いいんだよ、でも、また来てねー!」

鬼コーチに、「これタダでもらった〜でへへー」と見せると、
「なんだよー!先週もあんまり良くないイソメだったのに、俺、1000円はらったぞー!」
と、ご立腹(笑)
いやー、この歳になっても、女に生まれるって良いなぁと思える一幕・・・

餌しげに寄られる方、カップルだった場合は、女性がお店に入った方が
断然お徳かもしれませんYO!

Image461~00
そんなタダイソメと共に御宿に到着!
波はあるようなので、なんとか鬼コーチもサーフィンする事に。

それにしても寒いス!
途中で会った鬼コーチに知り合いによると、水温はあったかいデス!との事だったので、
手袋、ブーツは付けずに入水〜

決してあったかくは無いです。どちらかと言うと冷たいス!
しかし、サーフ熱で煮えたぎってる私には、そんな水の冷たさなぞ、無関係!
うねりもContinuousに入ってくるし、波のパワーもある。
しかし、人が多い!多すぎー!

なんとか人の居ない場所を狙って頑張ってみるが、立てない!
立てないというよりは、足が滑る。
お馬鹿は私は、本日ワックスをしかーりと忘れて来ており、
前回まのワックスで立とうとするも、立って足を着くと、つるん!っと転げ落ちちゃう。

しばらく、つるん、ごろん、つるん、ごろんを繰り返してましたが、
もーこりゃーいかん!と、鬼コーチに
「車の鍵を貸してくれー!」とお願いにあがる。

すると、「あー、俺もう上がるから」と。
え?まだ1時間半位しか入ってないんじゃないっすか?
「寒いし、乗れる波少ないし、人多いし」
あー、サーフィン3重苦ですね。

Image459~00
イソイソとサーフィン終了させる鬼コーチ。
気持ちは既に釣り人に!

私はブーツを履いて再び海へ!

さすがに寒さと疲れで腕が動かなくなり、パドリング出来ずに沖に出れなくなり、
終了!
結局私、6時間程入っていたらしいです(笑)

あー、でも、やっぱりあの茨城でのサーフィンが忘れられん!
来週カラっと晴れたら茨城でもいいぞーと言っていた鬼コーチ。

神様〜来週の日曜、どうぞドピーカン晴れにしてくださいまし。

あ、そうそう、台風がやってきてますねー。
「火曜の朝はきっと内房あたりがいい波だぞー」と、
うちの気象予報士ならぬ、波予報士の鬼コーチが言っておりました。

 

posted by ぜんぶ at 08:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Surf | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

蛤ぐーりぐ〜りぐり

伊勢海老BBQがしたい!
そんな声を聞くと、猛然と燃え上がるのは我らが鬼コーチ!

狩猟民族である彼は、
自から捕獲たものを、人にあげることに猛烈に喜びを感じる人なのである。

伊勢海老BBQ。もう、それはコーチが居てなんぼなSituation。
BBQは火起こしから、最後の片づけまで、徹底して管理する男。

つまり、私は何にもしなくていいーって事♪あふん♪

と、言う事で、火曜日のGWラストDAYに、茨城までサーフ&BBQをしに行って来ました!
前夜より、冷凍庫に眠る伊勢海老をた〜ぷりと用意。

先日ちゃこさんから頂いたコマイちゃんと、マヨネーズも忘れずに!

RIMG0191
昨年9月以来の茨城の海。
久々に逢うコーチのサーフ友達の面々。
そして、久々に晴天でのサーフィン。
もう、楽しくないはず、なかろうもん!!

さー、海にはいるぞーぃ!と、着替えようとしている所に、
大きな袋に岩牡蠣をいっぱい詰めたおじさん連中が!

「えー、それ牡蠣ですかっ!すごい!」

男は褒めて伸ばそう。

おじさん達、のびのびーに、伸びましたよ。
牡蠣を女子にだけくれました(笑)
さっそく頂いてみると、粒が大きくてすんごいミルキー♪

牡蠣も頂き、口の中がオイスターなまま海へドボン!

RIMG0203  
いやーほんっと、すんごい良い波!

海も褒めると伸びるのだろうか・・・。

だったら、どんどん褒めちゃいたい程の乗りやすい波♪
もう、楽しくて楽しくて。そして、人もそれ程多くないのもスバラシイ♪

2時間ほど波乗り満喫した後は、今度はハマグリ取りに専念します!
サーフィン中から気になっていたんだけど、
サーファーの皆さんをはじめ、一般の方々も、浜の方でツイストして踊ってるんですよ。
その手にはデッカイハマグリちゃんが!!

海底を足でホリホリすると、蛤がコロンっと出てくるんですねー。
なので、皆さんツイストして海底を掘る訳です。

潮干狩りでアサリを取りに行くと、蛤が数百個に1個混ざってるような経験は
何度もありましたが、今日は違います!
グリグリとツイストすると、そこから出てくるのはでーっかい蛤ちゃん!
あえてアサリを探す方が難しいんじゃないの?ってな位。

蛤取りに夢中になっていると、鬼コーチも海からあがってきましたが、
彼は別のモノに興味を引かれてる様です。
それは、ムール貝と同じ種類の紫貝という貝。
それがテトラポットにびっしりくっついているそうで、
それを手で引っ剥がしては、ウェットスーツの中に突っ込んでおります。

魚介類の確保は狩猟民族に任せますかー!と、私は早々と退散!
着替えていると、狩猟民族の皆さんも、貝型にボコボコとウェットスーツを
膨らまして戻ってきました。

ではでは、そろそろBBQの始まり始まり〜!
RIMG0195
まずは伊勢海老を焼きますかー!
5人で20尾以上ありますからねぇ、ものすごい量です。
RIMG0206

RIMG0207
もちろん、伊勢海老の味噌汁なんかも作っちゃいました。

RIMG0201
お次は蛤でーす!
RIMG0202
もう、すごい弾力があって、こんな美味しい蛤初めて食べた!って位美味しかった〜♪

RIMG0204
ちゃこさんに頂いたコマイちゃんも、激ウマ!
コマイも、火で炙ったのち、きちんと食べやすいサイズに割いてくれました。

女子は食べるのに忙しいほど男性陣ががんがん働いてくれます。

RIMG0200
RIMG0199
RIMG0197
他にも、焼肉、ソーセージ、紫貝(白ワイン蒸しと焼き)、
アスパラガスの蒸し焼き、エリンギのバター蒸し焼き、
ジャガイモ、トマトなどなど、BBQ祭りは続きます。

ビールに赤・白ワインも飲み干して、もうお腹いぱーい!
まだホルモン入り焼きそばを作る具材がたーんと残っておりましたが、
ここらで皆断念!

「皆、そろそろ2ラウンド目はいらんのですかー?」そう男性陣に聞くと、
「行っといでよ」
のお答え。

あー、やっぱり私一人ではいるのかー と少々残念に思いつつも、
 
さっきの波を想像して海にどぼーん!
しかし風が強くなり、潮もあげてきちゃった海は、
さっきとは別人で、インサイドダンパーの波に・・・。

それでもダンパーにまかれながらヘラヘラとサーフィンして満足して戻ると、
既にBBQセットは綺麗に片付けられておりましたー(笑)
もう一人の女性はしっかりと車の中で爆睡中だったそうで、
男性3名で綺麗に片付けてくれたんだとさ・・・(苦笑)

いやー、でも、ほんとに楽しい一日でございました。
GW、結局この日しか良い天気に恵まれなかったけど、
今年のGW、この日一日で最高のGWになったなーと感じれる程
良い一日でしたー!

posted by ぜんぶ at 18:48| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | Surf | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

腕が抜けそうです。

世はゴールデンウィークだって言うのに、鬼コーチは忙しいのです。

だから、なかなかサーフィンに行けず、サイパン南国マリンスポーツ三昧だった私でも、
そろそろストレスフルなのであります。(え?誰か贅沢だとか言った?)

そんなもやもやの中、やっと海に行ってきましたー!
海までの道もいつもの数倍混んでましたが、なんとか海まで到着〜!
昨日まではどうやら波が高くてクローズしてたポイントもあったとの事。
今日はどうですかねー?

「夷隅(いすみ)ちょっとチェックしてみる?」

えーと、夷隅って、鬼コーチがだいちゅきな大波ポイントの事ですよね?
それは私に一回死んで来い。っていうアドバイスですね。
受けてたちましょう〜!

チェックしに行くと、ウネリはひっきりなしに来てますが、
どうやら生きていられそうな雰囲気です。

いやー、それにしても、鬼コーチが再デビューを果たして以来、
入ったこと無いポイントでのバージンサーフが多発しており、
毎回緊張のサーフィンデイとなっております。

まずは人の少ない5番(テトラ)の辺りで入ろう!と、海へIN!
テトラがあり、カレントもあるようで、スイスイ沖まで運んでくれます。
いやー、パドルせずに、沖まで来れてお徳感高いよねー♪

へらへらしつつ沖で波待ちしてると、いやー、デッカイ波来ますよ。
これでびびっちゃいかん!と思いつつも、やっぱ怖いっす。
人も結構いるので、あぶないのでーと、メインの場所からちょい離れた場所で
波待ちして・・・・た・・・・・ハズが、強風で、どんどん流されて行きます!!

気が付くとそこは、波が割れるポイント。
ほんと、お徳感ありすぎの夷隅です(笑)

しかし、1時間を過ぎた辺りから、今度は波が上がってきた様子。
流れもどんどん速くなり、カレントの向きも変わっていっているらしく、
皆よりインサイドでポジっていたはずの私は、どんどん沖に流されてます。
鬼コーチが「こっちこっち!」と手招きするので、パドリングするも、
どーも動いてる気がしません。
鬼コーチいわく、「パドルしてるというよりは、沖に吸い込まれていってる感じだった」と。

なんとかセットの波に乗り、インサイドまで戻るが、
今度は波がちょうどぶつかる場所に来てしまい、
何をやっても前に進まず、どん詰まりに。
四方八方から来る波にアップアップな状況。
必死でパドルして、なんとか波にのっかって浜に戻れる。

いやー、波のパワーって怖いなぁ。
ほんのさっきまで楽ちんだった波が、こんな脅威になるとは!

その後、コーチは4番(テトラ)に、私はそのインサイドで1時間ほど入り、
第一ラウンド終了!

コンビニご飯をちゃちゃっと食べて、第2ラウンドへトツニュー!
コーチはもちろん、釣り。
そして私は先日行った岩場のシークレットポイントへ。

今日も一人ぼっちかなー?と歩いていくと、
一人だけショートボードのサーファーの方が!!
既に上げて来ていたので、少々乗りにくい波。
でも、たった二人でこんな場所を満喫するとはスバラシイ!

何本かぐちゃぐちゃになりつつチャレンジしていると、
遠い沖から綺麗に波に乗ってきたもう一名の方が話しかけてきた。
「ここ良く来るの?」「いいえ〜2回目です」
ここまでの下手くそさで、こんなチャレンジングな場所に、
女一人で来ている無謀なお馬鹿サーファー。
彼の目にはきっとそう映ったのでありましょう(笑)

色々と話をしながら、デッカイ波は彼に。
チビ波は私めが・・・と、波乗り(波に巻かれてる方が多かったかも)を楽しみました。

途中、もう3名ほどサーファーが入ってきましたが、
そのうち1名はど素人。父親と一緒にきた様子の高校生。
目の前の浜で、ボードに立つ練習を5分ほどしてイキナリ海に!!

とーちゃん、それは無謀だろう!そう叫びたくなったけれど、
パドリングもぐちゃぐちゃ状態で、イキナリ沖まで連れて行かれてる彼。
あのパドリングでよくぞあの場所までいけるなぁと感心しちゃいました。
何度もスープに巻かれてあっぷあっぷしている彼を見て、
「あー、私にもあげな時期があったばいー」と、シミジミ・・・。

一度波に乗ったら、ちょうど初心者君の目の前まで来てお互い立ち往生になり、
ワイプアウト。
へたっぴ同士が近くにいると、ろくな事にならないなーと思い、
ちょうど波も上がりきってきた事もあり、たいさんする事に。

御宿の漁港まで歩いて戻り、コーチに連絡。
「ねー。まだ入ってきて良いよね?」
「いいぞー、あと2時間くらい行ってコイー!」

さすが鬼コーチです。
とりあえず波の無い御宿で入ることにして、海を見ると、
まーだ百人くらいは居るんじゃないの??!!(」゜ロ゜)」

そんな激込み、ドフラットな御宿に入り、
小波でも乗れるようにパドリングで突っ込む練習を(笑)

いやー、2週間ぶりのサーフィン。
3箇所入りましたが、それぞれ、違った海を見た感じで楽しかったですわー。
しかし、ずーっとパドリングしてたんで、もう腕があがりましぇーん。
日々、Tipnessで多種多様な運動してるはずですが、
やはり、サーフィン、あなどれませんね。

こんな筋肉痛にしてくれるサーフィン、最高です♪byM女

そしてこちら、夕飯@横向きショック。

Image457
Image458


 



 

 

続きを読む
posted by ぜんぶ at 12:00| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Surf | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月22日

独りでサーフィン、仲間とサーフィン、孤独のサーフィン

晴れるはずの日曜日、どんより曇った空、海に向かう車の中では、
ぱらぱらと雨も降ってくるし・・・。

今日は鬼コーチ、半年ぶりの日本サーフィン再デビュー日。
実際にはまだ完治してないので、手放しで喜べないコーチに反して、
大喜びで小躍りしそうな私。

しかし、この天気である。
ありえん。

「どうしようかなぁー再デビュー、やめとくかなぁ」
そういうコーチに、
「雨降ってるから、つりは出来ないでしょー!やっぱサーフィンだよ、サーフィン!」

今日は鬼コーチの師匠に、去年よく一緒にサーフィンに行っていた先輩サーファーさんも
一緒にサーフィンの予定だそう。

9月から始めたサーフィンですが、10月にコーチが手術して以来、
半年間、日本でのサーフィンはいつも独りで海に入っていた私。
海に友達同士で来ている人達って、波待ちしてるときなんかに、
おしゃべりしたりして、楽しそうで羨ましかったんですよ、実は・・・

たまーに、彼氏と彼女でイチャイチャサーフィンなんかしてる人達を見ると、
そこにボードで突っこんで行ってやろうか?と思いたくなるほど
ちょっぴり寂しい思い(何処がちょっぴりじゃ(笑))をしていたんですわ。

まぁ、長かった独りっきりのサーフィンにもピリオドを打つ日がやっと来たと思ったら、
なんと、鬼コーチだけでなく、その師匠、その先輩と、
大御所と一緒とはこれまた難関でございます。

今日は昔から名前もついていないという御宿近くのサーフポイント。
シークレットとコーチは呼んでましたね。

以前波の無い御宿で私が100人近くとポイントを争ってる時に、
師匠が「いやー、いい波だったけど3人しか入ってなかったよー!」と言って戻ってきたポイントである。
でも、
すっごい掘れてる波でさー、いやー、もう海底が見えるくらいだったよ」と。

そんな場所、私が入れるハズも無く、「あー、一緒に行かなくて良かった♪」なんて
思っていた、そんな場所である。

今日はそこに入ろうと・・・??
「今日はそこまで波高くないから大丈夫だよ。」
ホントなのー?ええーーほんとにーー??

ちょっと不安になりながらも、今日は鬼コーチの再デビュー日。
せっかくなら良い波で楽しんで頂きたいし、まぁ、私は安全な場所までパドルして行って、
皆が乗るのを見てれば良いかー程度で考えていたんですが・・・・。

それにしても、皆で一緒に海に入るのって、なんか新鮮です。
普段独りでボーっと波待ちしてる私が、波待ちしながら誰かとおしゃべりするなんて!
しかし、そんな幸せは束の間。 気づくと、思いっきり潮に流されてます。

皆さん、波がある場所をキープする為、しっかりパドルして戻ってます。
私は波待ちしてニヤニヤしてる間に、一気に波の無い場所に浮かんでます。

諸先輩方みんなに、「おいでおいで」の手招きをされ、
皆さんのポジションに入って行くも、一言二言話をしてニヤニヤしてると、
また流されてる(笑)

何度もおいでおいでに呼ばれ、良いポイントにつくも、
「も、もしかして、この波掘れてたりするの?
 ここ下が岩場なんだよなぁ〜頭打ったら死ぬかも・・・」
なって考えると、なかなか波に乗れない私。

たびたび波が来る度に、諸先輩方が波を譲ってくれるにも関わらず、
ヘナチョコな私は、結局乗れずに波においてかれちゃうのです。

2時間近く入ってて、結局一度も乗れず。
「そろそろ上がるぞー!」と、鬼コーチ。
いやー、もうー絶対これに乗るー!と、パドリングした波にもおいてかれ、
ため息ついてたら後ろから更にデッカイ波が。
結局スープで立つという、「立ったと言っちゃだめ」と言われてしまう波でゴールイン。

ランチの間もずーっと3名からどうやったら乗れるかをご教授頂く。

自分のヘナチョコが情け無い。
師匠と鬼コーチがセカンドラウンドとして釣りをなさるというので、
私は、同じ場所でのサーフ継続を希望!
ちょっと場所柄、車両荒らしが気になるので、歩いていく事にしました。

歩く事10数分、ポイントにつくと、さっきはサーファーの車でいっぱいだった車道には
2台しか車が無く、皆さん既に終えてお着替え中。
って事は・・・??と足早にポイントに進むと・・・・

なんと、私一人!!

こんな場所に私一人です!
だーれも居ない海♪ですよ。
森高千里を口ずさみつつ、準備運動。
誰か入ってこないかなー?と、後ろに目をやるも、誰も来ない。
しばらく不安になりつつ準備運動を長めにやり、意を決して入水〜!

午前中に比べると、相当潮が満ちてて、波は落ちてる感じ。
さらに、割れる場所がまちまちになってる感じと、後は海面がぐちゃぐちゃ。

それでも、私は一人!この波をぜーんぶ独り占めできるってぇもんだ!
こんな機会はもうありえなーい!と思い、
既に午前中で重くなった肩を酷使してパドリングで沖へ。

波のパワーは落ちているけれど、ひっきりなしに来る波に
誰に邪魔される事無く何度も乗れて、もう幸せ〜♪

1時間半位一人を満喫していた私ですが、ふと寂しくなって来た・・・・。
結構潮の流れが激しいから、もしもこれで沖に流されちゃって
帰って来れなくなったりしたらどーしよー・・・とか、
イキナリお化けみたいな波が来て、それに乗り切れずに撃沈して
おぼれちゃったとしても、誰も気づきもしないんだよなぁ・・・とか。

山に囲まれたポイントで、潮があげてきてる事もあり、
大きな波がどどどーんっと岸壁に打ち付けてるのを見て、
溺れてどざえもんになった私の死体があの岸壁に打ち付けられるかも・・・
などと、余計きわまりない事を考え始めちゃって、波に乗れなくなる。

さすがに夕方になってくると、もう他の誰が入ってくるとも思えない時間。
潮があげすぎてて波にパワーが無くなってる事に加え、
自分を信じるパワーが愕然と落ちてしまっていたので、
諦めてあがる事に。

てくてく歩いて御宿まで戻ると、まだ80人位は入ってるみたい。
なんだか嬉しくなって、他の方々と波取り合戦を繰り広げる。
しかーし、なんとも波が無い。無さ過ぎ。

やっぱり今朝のあのシークレットポイントが一番良かったなぁ。
なんであの時乗らなかったんだろう。
周りには諸先輩方が陣取ってくれてたし、波は大きすぎない程度で大きかったし。
もう、後悔しきれん感じです。

次回からは、怖がらずにガンガンぶっこんで行くんで、諸先輩方、
頭から血流してヘラヘラしてる私でも怖がらずに一緒に海に入って下さいね、

続きを読む
posted by ぜんぶ at 14:05| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Surf | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

オアズケ解禁!?

そろそろ復活かなぁ〜

2007年10月の手術以来、日本でのサーフィンを止めていたコーチ。
2月にバリ行って波乗りしていたとは言え、
既に6ヶ月間、なんとも長期間のオアズケである。

ぜんぶさんに「待て」をそんな長い間したら、
ヨダレで川、いや、それこそ海を作っちゃいそうなもんである。
Image413

鬼コーチのそんな言葉が聞けるようになった春うららな日。
日曜日が天気が良くて、いい波だと良いなぁ。

どうやら明日から土曜まで雨らしいですね。
もしかすると、いい感じの日曜になるかなぁ♪

続きを読む
posted by ぜんぶ at 00:23| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | Surf | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

贅沢な一日

いやー、波、ありません。
ぜんっぜんです。

「明日、海行くの?」
なんど、その質問をするんですか、コーチ!
「行くったら行く!海に浸かるだけでもしないと、ストレスが発散できん!」

とは言いつつも、前の夜は2時まで借りてきたDVD鑑賞してしまい、
早起き出来ずに、6:30起床。
今日もすっぴんぴんで出かけます。

「ちょっと寄り道して行くぞー」
と、鬼コーチ見せたいものがあるそうです。

Image443
うひょぉー!桜並木です!
車の中からお花見出来るんですねぇ。
八千代市ってば、京葉なんちゃら高速線がやたらお値段高すぎですけど、
夏は花火大会もあるし、春はお花見と、ナカナカやるじゃないっすか。

朝のお花見で眠気も冷めて、さー、海に向かいましょう!
お天気も最高に良く、日焼けバッチリしちゃいそうだけど、
もうそんな事言ってられない黒さだしね・・・(笑)


到着した御宿、ドフラット。
もー、板に乗っかって、上向いて1時間寝てても、きっと同じ場所で
目が覚めるんじゃないかっつーくらいドフラット。

なので、今日はお隣にある、部原へGO!

Image446
こちらは、なんとかサーフィン出来る・・・?程度の波でしたが、
へなちょこサーファーの私にはピターリなサイズ(笑)
なんてったって、ほれてない波ですから、どんなに突っ込んでもダイジョーブ♪
午前中はまだ風もギリギリな感じで、なかなか楽しいサーフィンタイム。

こんだけ波も無いから、人も少ないのがこれまた良い!

午後は風がびゅーびゅー吹いてきて、面が崩れちゃって乗りにくいやら、
波はないやら・・・。
今日は15:30まで入って終了!(充分長いって・・・(笑))

おなかぺこぺこで、食堂でご飯を頂き、家路に着きます。
Image448 
帰りの高速道路からは、真っ赤な夕日が沈むのが印象的。

桜並木と、スバラシイ天候でのサーフィン、美味しいご飯に、真っ赤に沈む夕日。
お土産の伊勢海老(笑)

ほんとに、スバラシイ贅沢な日曜日の過ごし方でした!

posted by ぜんぶ at 01:56| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | Surf | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

小岩に住みたい!

鬼コーチが昔から通っているという小岩。

え?小岩って言えば、風俗系ですって?
あなたもツウですね〜(笑)

まぁ、鬼コーチが通っていた理由が”風俗”だったかもしれませんが、
そんな過去の話は良しとして、
最近の理由は、マッサージ♪

バリでは、1時間500円という凄まじいまでの格安マッサージを毎日受けていた我々。
日本じゃぁ、高すぎて、そうそうイケナイのがツライ・・・。
例えば新宿あたりでマッサージを受けようもんなら、
安くて10分間で1000円ですね。
1時間やると、6000円ってのが相場な所でしょうか?
まぁ、そんなんだから、ボンビーOLな私は、
日本ではマッサージは出来ない生活です。

しかし、毎日は無理だとしても、1月に一回は通いたくなるのが、
この小岩にあるワラポーン

タイ古式マッサージ。
ギリギリ東京なこの地にありながらも、お値段は余りにもリーゾナボー!
なんと、90分で、5300円!
2時間、3時間コースももちろんありますが、そちらも破格値なんですよ。

小岩マッサージ(?)暦が長い鬼コーチ曰く、
「小岩のマッサージ屋は殆ど通ったけど、この店が一番
安くて綺麗で丁寧だ!」

おおっ!なんと3拍子揃ってるんですね!
コーチ曰く、もっと安い店もあるけど、そこは店が汚くて、
ベッドカバーもいちいち取り替えてない感じだったそう。

私も既に常連客の仲間入りをしつつある今日この頃ですが、
ほんとにこのタイ式マッサージは理にかなっているというか、
すばらしいマッサージです。

タイマッサージは二人でするヨガと言われているそうでして、
基本的に身体をストレッチさせた状態で、指圧、整体をするようなマッサージ。
センと呼ばれる身体のエネルギーラインをストレッチさせた状態で指圧する事で、
リンパの流れをよくしたり、コリをほぐしたりするんです。
「強めにしてね」って言うと、「ぎゃぁー」と叫びたくなる程イタイ時もありますが、
ほんとに、施術後は、リンパがドドドーっと流れてるような気になるほど、
身体がかるーくなるんですよ。

こんだけリーズナボーな価格、そして、スバラシイ効能。
私、小岩に住みたい!と、この店に来る度に思ってしまうのですよ。

ただ、このお店、場所がすごい所にあるのが・・・。
小岩のラブホテル街のどまんなか。
それも、結構場末な感じのするホテル街なんですよ(笑)

マッサージを受け、とろとろになって外に出て、

いやー、すごかったよ。気持ちよかった〜また来ようね〜
 なんて腕組みながらホテル街歩いてたら、もう、それは、そう、

彼ってスゴク、テクニシャンなんです!って公の場で話している感じ。
男性の皆様、イカガデスカ?(笑)

posted by ぜんぶ at 12:11| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | Surf | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

フェイント

「今日の千葉海、波あるらしいぞー!
それも、いつも通ってるポイント、今日のサーフポイントの2位とかになってんぞー!」
そんな連絡が来たのが、土曜の朝。

鬼コーチ、そんな連絡いりませんて。
だって、海行く予定なのは、明日、日曜ですから!

超多忙な鬼コーチは、週1しか休みがなく、
海に行く為に、日曜に休みを取ってくれております。

しかーし、この所、毎週日曜に行く度に波無し、或いは強風 などなど、
サーフコンディションが余りにも悪い!

そんな土曜の夜、千葉に到着した私に、コーチが、
「明日も午後から風吹くらしいし、波が良いの、朝のうちなら残ってるかもよ」
その一言で、日曜の朝は5時起きを決意!

日曜日、目覚まし時計が鳴って、飛び起きた私。
昨夜のうちから、既に荷物は車に積んであるので、
後は自分を乗っけるだけ!(もちろん、運転手はコーチ(笑))

すっぴんで車に乗り込み、海に向かいます。

朝の高速って、こんなにすいてるのね〜!
いつもなら、2時間程かかる道のりも、今日は1時間半かからずに到着!

 Image424 
胸・肩位ありそうな波のサイズ、無風♪
もーこりゃー最高のサーフ日和だぞぉ〜!
ウェットに着替えて、海に入ったのが、7:30。
いつもなら、まだうだうだ家で準備してる時間ですね(笑)

近くのサーフポイントが、波ありすぎて、クローズしていた様子で、
1時間ほどすると、ものすごい人で溢れかえるポイント。
それでも、11:30まで無風のサーフィンを楽しみ、一度着替えて近くの食堂でランチをイタダキマス。

13:00には再度濡れたままのウェットに袖を通し、
午後のサーフィンを!!
しかし、ものすごい強風が・・・・。予報通りデスネ・・・。

もう、ボードをしっかり持ってないと、ボスっと飛ばされちゃいそうです。
海も風にあおられ、波はぐちゃぐちゃに・・・。

あんだけ居た人も、どんどん海からあがっていき、
15:00位には、もう、サーファーは、10人位程度に。
こんだけ人が少ないんだから、乗れるだろう!なんて、ぐだぐだ海に残ってましたが、
これが厳しい。

波がどこで壊れるか予想不可。
パドリングしてても、波がじゃっぷんじゃっぷん荒れているので、
前に進んでるんだか、流されてるんだかよー判らん。
波に乗れないので、パドリングばかりしていて、
そんな揺れで酔いそうな勢い。

もうあきらめて、あがろうかなーと、何度も釣り中のコーチを見る。
「何言ってんだよ、意気地なし!」
そんな言葉を投げられるのでは無いかと予測し、
博多女の名が廃る行為はさけなければ!と思う。

海から上がっては、沖をみつめ、また海に入る。
1時間おきにそんな事を3回程続け、
なんちゃってドルフィンの練習中に、ボードで顎を打ちつけ、下唇を切ったり、
強風の中、沖に向かって歩いてたら、ボードが飛びそうになり、
それをかばって、両足くじくわ、
もう、身体もボロボロ。
なんてったって、早朝から入りっぱなしですものねー。

もう、これ以上身体がうごかん!という状態になり、
海からあがると、コーチもいそいそと釣りからあがってくる。

「いやー、○○があがってくるのに合わせてあがろうと思ってさー、
ずーっと○○見てたんだけど、なんであんな何度もフェイントかますのさー」

え?

「もう、釣りのほうもあんな強風だと、やってられないからさー。
○○あがったら俺もあがろうと、待ってたんだよー
なのに、何度もフェイントくらってさー。」

どうやら私が海から上がろうとする度に、釣り道具の片づけをし、
私のほうをみると、テクテクとまた海に入っちゃう・・・
それを何度も繰り返していたそうです。

いやー、相手が何考えてるか、やっぱり判らんもんですな。

早朝7:30から16:00過ぎまで。(途中ランチ退出ありですが)
今までで、最長記録達成
実際に海に入ってたのは、5〜6時間ってとこですか!

もう、帰りに車の中では、すでに身体中が筋肉痛。
首、腕、足、腰、顔、目(これは、日焼けだけど・・・)

いやー、ものすごい事になってます。
でも、これだけ筋肉痛になってるって事は、普段使わない筋肉
使ってるって事で・・・

あー、 やっぱりサーフィンってスバラシイ

と、思ってしまう私は、完璧M女ですね(笑)

posted by ぜんぶ at 08:26| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | Surf | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

息子サーファー

日曜日。はるうららーな暖かい日。
こんなに薄着で動けるなんて、春だねー」なんて言いながら、
朝一で海に向かう。

風もないけど、波もないらしいよ。

なんてガックリした事言うんですかっ!コーチったら!

でも、午後から風吹くらしいからさ、もしかすると、風波でノレルカモネ。

うーし、そうこなくちゃ!

今日は、余りにもうねりが入ってこない状況らしいので、
いつもよりも波の大きな場所ではいってみようかー!と、
気合を入れる。

まずチェックしたのは一ノ宮
いつもなら、「波でかっ!沖に出れるわけなかろうもん!」で、
終わる私ですが、今日はなんとも乗りやすそうな良い波♪

「おー、いい波だねー」
し、しかし、ものすごい人!
まるで蟻の行列のように、波が割れる所に黒いウェットをきたサーファーの群れが・・・。

「いい波だけど、これじゃぁ、私、立てたとしても、人ひき殺しちゃうよ」

じゃー、いつもの所、行きますかー?

と、行ってみるが、なんだかものすごい風がぴゅーぴゅー吹いてきて、
もう波がたってるのか、どーなってるのか判らん状態(笑)

Image433  
どうやら、今日の御宿は、ウィンドサーフィン祭。
普段は見ることも無いウィンドサーファーがぞろぞろ居ますよ!!(ノ゜ο゜)ノ
祭りですよ、祭りー!

じゃー隣見に行こうか?
と、部原まで足を運ぶ。("へばら”と発音するんですって。ぶふっ)

Image432
決して良い波ではないし、大風吹いてるけど、入ってる人は約10名。
 
一ノ宮とどっちが良い?って聞かれ、人の少ない部原を選択!

しかしながら、大風吹いてるせいで、ものすごい流れ。
あっという間に風下のほうに流されちゃうので、
せっかくパドリングして出た沖では波が割れてないというなさけなーい状況。

それでも、今回初めて50m程のロングライド(しかし、浜に真っ直ぐ!)を決めた私。
もう、余りの嬉しさに、沖にパドルするのもふわふわで、流されてばかり(笑)

そんな流されまくったあげくに、流れ着いた場所で出会ったのが小学生の男の子。

こんにちは!一人で入ってるんですか?僕はあそこに居るパパときたんだ

一人もくもくとスープで練習している男の子がそんな風に声をかけてきました。

「去年の夏に始めたから、まだ大人の居る場所に行っちゃいけないって
パパに言われてるんだよねー」
おやおや、私と同じ時期にはじめたんだねー。

「ねーねー、ボードに座るの(波待ち)ってどうやるの?教えてー」
と、色々と話をしてくる彼。

どうやら歳を聞くと、小学校5年生だとか。

「ママはやらないの?」って聞くと、
「ママはね、僕が始める時に一緒にやれよってパパに言われてたけど、
そんな歳じゃない って言ってやらないんだよねー」

「へー、ママって歳いくつなの?」

さんじゅう○さい

あ・・あれれー。
それって私と同い年じゃなかですかっ!
って事は、私、息子でもおかしくない子に、海で話しかけられてますか?(笑)

そんな、息子サーファーと話していると、
余りの風の強さに、彼のパパがあがってきて、
「すいません、相手してもらってー。」と頭を下げられる。

「じゃぁねー!また逢おうねー!」って息子サーファー。
おまえも、がんばれよー!ママも息子に負けないよう、がんばるからなー!

そろそろお腹がすいてきたので、お昼ご飯の竹の子おむすびをほうばりつつ、
コーチに電話を入れる。
「どうー?余りの風の強さに、みーんな海あがっちゃって、今、私を入れて3人しか入ってないよー」
と、報告すると、
「こっちも駄目!一ノ宮に動いて2ラウンド目やるか?」とのご提案。

そこから突風の中着替えをすまして、車でコーチをピックアップ、一ノ宮へと向かいます。

一ノ宮に到着すると、波は朝よりも落ちちゃってるし、風もぴゅーぴゅー吹いてるけど、
なんとかオフショアな風だから、まだまだいけそう。
人も朝に比べると、相当減ってる。

「はいるか?」

うーーーーん。

私が何に躊躇しているかというと、さっき脱いだ濡れたままの冷たいウェットを着るのが・・・。

でも、今日は1時間半位しか入ってないし、こんなんじゃ、
留守番してるぜんぶさんにも申し訳ないってもんよっ!

と、気持ちを奮い立たせてウェットに手を通す。

うぎゃーーーーつめたーい!
ひーーーーーーーーー

しかし、全て上まで着てしまえば、なんとか・・・・・。

ウェットさえ着ちゃえば、こっちのもんだ!
と、一ノ宮の海へゴー!!

一ノ宮は、千葉でも波が大きい場所で、クローズアウトしている事も多々ある場所。
普段は入れない事も多いんだから、この波がちっちゃい今がチャンス!!
波もパワーはあるし、風はあるけど、オフショアだし。
波もなかなか良い所で割れてくれるし、私のようなへっぽこサーファーでも
突っこんで行ける位の小波でたいへんスバラシイ!

VIVA!「小波の」一ノ宮!と、大声で叫びたいほど一ノ宮ファンになりかけてましたが、
いやー、ひとつだけ、この海には欠点があるとです。

それは・・・・・

水温が低い って事。
普段やってる御宿などよりも、2度位低いらしい。

そして、この日は強風が吹いてるという状況。

私のウェットはジャージ素材なので、風が吹くと熱を奪われやすいんだそうな。

数本波に乗って、ちょっとご満悦な気分にはなったものの、
もう、余りの寒さに歯はガチガチなってるし、
手の指先はしびれてきている。
パドリングもままならない状態になり、ふと釣りをしているコーチの方をみると、

かえってきてる!!┌(。Д。)┐

こりゃーいいぞ!と、いそいそと海からあがり、
コーチに話しかけると、

「なに上がって来てんだよ、まだいいよー、もっと入っておいでー」

「いやいや、寒いんだよーもう」

「何言ってんだよ。行っておいでよ。」

いやー、鬼コーチが極上の鬼に見えましたよ。

しぶしぶ海に戻るも、やっぱり寒さのせいで、身動きが取れない。
1時間弱海に浸かって、相当冷えてから、ギブアップ!

戻ってきたコーチに、「さぶい・・・」と告げると、
「え?あの寒いって言ってたの、冗談じゃなかったの?」と。(笑)

いやー、普段余りにも「寒くない宣言」しまくっていたからねぇ、
私が「寒い」というのは冗談にしか聞こえなかったんだそうです。

なんだか、狼少年の気分だよ。

初めての冬の2ラウンド。
あんなに着替えるので身体が冷えるとは知らなんだ。
あんなに春ぽい陽気なのに、海の水が極寒とは知らなんだ。
あんなに風が体温を奪うってのも知らなんだ。

色々勉強になるなぁ・・・。
 

 
 
 

 

posted by ぜんぶ at 16:20| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | Surf | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

2008.3.2 春なの冬なの?それとも夏?

あったかい春風が吹いてきたなーって感じると、
わくわくしてくるんだよねー。

週末の鬼コーチの名言。

季節を身体で感じて、
それでわくわくしたり、がっかりしたり。
いやー、なんかサーファーってステキだなぁって思いましたよ。

冬に入るときも、
「日が短くなってきたなーちくしょー」って、
本気でがっかりしてたもんなぁ。

私自身、サーフィン始めるまでは、そんな事考えた事もなかった。
冬になればコートを着て、ブーツを履く。
そんな程度。

まぁ、今も、冬にもまけず、サーフィンしてますがねー。
どうやら、人一倍寒さに強いようでして、
水温低かろうが、北風吹こうが、3時間位海に入ってるのへっちゃらなのです。

まぁ、お肉のつき方がちがうって事らしいけど・・・。

まぁ、そんな春風を感じる日曜日、またまた海に行ってきました!

バリの温泉のような海に、水着で入水していた直後の
冬の海です!普通なら、入りたくないーと、暫らくサーフィン行かなくなるんだそうですが。

とは言え、日曜は、気温11度と、それほど寒くなかったし、
なにより、へっぽこサーファーを自覚した私は、
やる気に満ち溢れておりましたので、寒さなど感じません!

でも、そんなやる気の私の気持ちとは裏腹に、
波無し!人多し!
なんだか、がっかりな海でしたが、
とにかくパドリングして乗る練習をダンパーの波でやってました。

きっと周りからみたら、「バカか?あいつ」って感じだったでしょうが、
とにかく、怖がらず突っこんでいく練習って事で・・・(笑)

無い波にパドリングで乗るって、相当キツくて、
もう、途中、手袋とか、ブーツとかが暑くて暑くて(笑)
ウェットスーツの中で汗かいてる感じがしたサーフデイでした。
合計4時間半程入って、5回位かなー乗れたの。

posted by ぜんぶ at 08:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Surf | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

NEW BOARD!!

それは、木曜日の夕方・・・。
仕事をしてたら、

「New Board週末に手に入りそうだー!」というメールが!
な、なんというタイミング!
来週のバリに間に合うなんてっ!

って事で、本日試運転〜♪

BOARD4
こちらが私の可愛いボードちゃん♪
こちら、鬼コーチからの私への昨年度のバースデー&クリスマスプレゼントです!
(コーチいわく、2008年度の分も含まれてるそうですが、それは信じておりません!)

これが私の初マイボード。
初ボードが、新品だなんて、相当贅沢ですな。

White Angel
久我孝男X真木蔵人のダブルシグネチャーのエポキシボード♪
それも、2006年以来の次世代です〜♪

BOARD1
表面〜

 BOARD2
裏面〜

BOARD3
ではでは、鬼コーチが、鉄人自らワックスの塗り方を伝授してくださるそうです。

BOARD6 BOARD7
こうやって硬めのワックスでクロスで線を引いていきます〜

BOARD5
その後、上から柔らかめのワックスをゴーリゴリと!
来週からバリに行くので、結局このワックスは後で取り除く事になるんだけど、
丁寧に塗ってくれました。
以外に時間と手間のかかる作業ですわ。

え?ほんとは私がやるべきだって?ほほほ。
まー、次回は私がやりますわよ・・・・たぶん・・・・(笑)

そして、可愛いボードちゃんを持って海へGO!

 UMI1
んが・・・本日の千葉海・・・・。
あれー波がないですよぉ〜・・・・。
11:45から14:00まで粘りましたが、ちゃんと乗れたのは1度きり。
あまりの波のなさと、風の強さもあって、
パドリングしまくり!
もう、お腹ぺこぺこです。

NIGIRI1
って事で一時小休止!
今日はランチの焼たらこおにぎり!(Special Priceの100円)
いやーうまかったっす♪

その後すぐに、またまたかわういボードちゃんを持って走って海へ!
いやー、更に波が無いですわ(笑)
せっかくのニューボードちゃん、活躍させてあげれず、ごめんなさい。
結局ちゃんと立てたのは2度程・・・。
でも、このボードちゃん、なかなか楽しく乗れそうな予感♪
バリでは大活躍してもらいますからね〜。
一緒にがんばりましょうー!

それにしても先週入らなかったからなのか、
ものすごい水温下がってますが・・・。

最後は手の震えが止まらなくなって、悔しがりつつ海からあがりました。
そのお時間は、16:15。

まー、約4時間ほど入ってたみたいですね・・・(笑)
そりゃー寒いわよね。

 

posted by ぜんぶ at 01:18| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Surf | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

記録更新ならず・・・

9月以来、週1回は必ず行ってたサーフィン。

とうとう先日の大雪でStop!
5ヶ月間という記録がとうとう・・・・

こういう更新記録的が無い限り、冬の寒いサーフィンを
乗り切るのは不可能である!と誰かが言ってたなぁ・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、落ち込んでいるようで、実は!!
心は弾んでいるのゴザイマス!

理由は2つ!

1つ目〜♪
もうじき10月にオーダーしていたボードが届くかも知れない事(笑)
とは言え、まだ先なんですが、コーチの知り合いの方が
同じボードの中古が出たからそっちを貸してくれると言うのです。
なので、今週末にはそのボードに乗って波のりできるっつーことで♪

2つ目〜♪
なんと私、バリ島にサーフトリップに行くことになりました!
まーこんなにへっぽこサーファーがバリに行くって言うと、
少しでもサーフィンを知っている人は口をそろえて・・・
「死ぬよ!」といいますね(笑)
まー、もう気持ちは天国行ってますから、死んだも同然で、
頑張ります!

マイボードを持っていきたかったのですが、
まだ到着しないようで残念がっていたのですが、
1つ目のオヨロコビの中古サーフボードをバリに持ってって良いと
言われてるんですよ(笑)

「死ぬよ」って事は、「折るよ」って事になると思うんですが、
まー、死なず、折らずで無事に戻れることを祈っててください。

って事で、バレンタインデイが出発日です!

え?ぜんぶさん??
もちろん・・・お留守番ですー。ごめん。

posted by ぜんぶ at 00:42| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | Surf | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

最高の波!

日曜(1月27日)の波はすごかったー!
前回までの波は板の上で寝てても大丈夫な位静かで、
サーフィンしに来たというより波待ちしに来てた感じでしたが、
今回は違います!

もう、低気圧様様!!

Image400~00
しかーし、普段いい波がたつ、他のロケーションが
ほとんどクローズアウトしていた様でして、
サーファーが飴に群がる蟻みたいにいるわいるわ(笑)

何百人入ってんだ、この海にーー!!!
と言うほどすごい人数(笑)(残念ながら写真なし(笑))

もちろん、波取り合戦に負け続け、なかなか波に乗れないけれど、
お昼過ぎにはだんだん人も少なくなってきて、
なんとか数本良い感じで乗れた私でした!(しかし、真っ直ぐ浜に向かって)

それにしても、はるか沖で割れた波が、こっちに向かってぐんぐん近寄って来て、
また更にインサイドで割れる感じで、パドリングが不要な波乗り。
それも波パワーが強く、まっすぐ乗りの私が立つと、
すごい勢いで浜に近づくんで、数秒の命・・・o(TヘTo) クゥ

もちろん、波が高いので、沖に出るのがたいへんで、
何度も波に巻かれてニヤケていたMは、私です。

そして、最後はクタクタで、せっかく良い波に乗ってるはずなのに、
足が立たないという無念なサーフィン。
もう、片足立てずにロミオの告白ポーズで浜まであげられる
こっぱずかしい私でした(笑)

11時に入水後、一度だけオヤツを食べに陸にあがり、
気がつけば、16:00過ぎまで入っておりました。
5時間も入れば、そりゃー足腰たたなくなるわね(笑)

今日は、鬼コーチをサーフィンの虜にした先輩が、
コーチと二人で釣りをしていて、私の波乗りを観察してくださっていた様子。
海からあがった私に、色々とアドバイスを頂き、ありがたや、ありがたや♪

・ パドリングする時、板がぐらぐら動かないように注意する事。
・ 板がギリギリ沈むくらい、前の方に乗ってパドルする事。
・ テイクオフのパドリングは、足をあげずに、ボードにぴったりくっつけて。

その他色々アドバイスを頂きました。
思わず、そのアドバイスを試しに、もう一回入ってこようかなぁと思ったほど
ありがたきお言葉でしたー!

posted by ぜんぶ at 15:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Surf | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。