2008年10月31日

Bali Trip H 釣ったお魚を〜

先日行った飲み会で、「まだバリ旅行記書いてるけど、誰も読まないよ!」と
全否定されたバリ旅行記ですが、しつこく書いてます〜

「釣ったお魚を、明日一緒に食べよう!」と、マゲちゃんが誘ってくれました!(・∀・)
そんな嬉しいお誘いに、乗らない訳がなかろーもん!

朝一チャングーでSurfを終えて、マゲちゃんのお家に顔を出しに行くと、
今まさに、魚をさばこうとするマゲちゃんが!!( ´艸`)

RIMG0405
「うわー、すごいよ、マゲちゃん、こんなデッカイ魚、さばけるのー?
魚さばける男っていいよね〜♪」

「いや、初めて・・・」

えええ!

「どうやって良いかわかんないけどねーがんばるよ」

RIMG0407
そう言って頭を傾げつつ、さばき始めるマゲちゃん(笑)

「今日はね〜サンバルマタも作るよー!」

おおおお!!!あの、前回2月のバリ旅行中、
鬼コーチからさんざんウマイ!と聞いていたけど
食べれなかった、あの、噂のサンバルマタですかっ!!。゚(゚^∀^゚)゚。

RIMG0408
「これがサンバルマタの材料だよ〜」
そう言って見せてもらったビューチホ〜な野菜達。
これらの食材を細かく切ったりすり潰したりして、
トゥラシ(海老の醗酵ペースト)という
各家庭独自のソースに絡めてつくるんだそうな。

それにしても、日本じゃ手に入らん材料だらけだもんなー(;^ω^)

マゲちゃんのお家の軒先では、弟のお嫁さんが、
お惣菜やを営んでいます。
今日のほとんどのお料理は、このお嫁さんが担当してくださるとの事、
これは期待できますぜーー!!( '艸`*)

RIMG0409
マゲちゃんファミリーのかわいこちゃんの一人!

では、夕方7時ごろね〜!と、一旦クタエリアに戻って、
2ラウンド目のサーフィンを♪

お腹ぺこぺこ状態で、マゲちゃんのお家に向かいます!
お土産にビンタンビールを数本持って、わくわくしながらお家に♪

本日のメインであるあのデッカイお魚、焼き、揚げ、カマのスープと、
3種類の化けるそうな♪

RIMG0410
焼きは、マゲちゃんと鬼コーチが担当!
即席BBQは、裏で取って来たというココナツの殻で焼くのです!
ココナッツって、やぱーりスゴーイ油分を含んでいるんですねー
火の勢いがスゴイ!!

RIMG0419
そして、どんどん本日の食べ物が運ばれてきます〜!!
魚だけで良いよーって言っていたのに、すんごい品数!!(゚ω゚ノ)ノ

RIMG0416
そして来ましたよ〜!待望のサンバルマタ!!
弟嫁の息子(イケメンボーイ)さんが手伝って作ってくれたそうですが、
あいやーこれがウンマイ!!もう卒倒しそうな位私の好みにドンピシャなお味です!

ご飯につけても美味!
RIMG0417
揚げたお魚にもぴたーり!
もうそのまま口にほお張ってもウマイす!

瓶につめて日本に持ち帰りたい!と言ってみたけど、
サンバルマタはフレッシュである事が最良だとか。
なので、日本に帰る頃には駄目になっちゃってるそうで・・・。゚(゚´ω`゚)゚。

それにしても、このお魚、
デッカイから大味なんじゃないのー?って思ってましたが、
結構味があって、脂も乗ってて美味♪
RIMG0415
弟のお嫁さんが作ってくれたお惣菜の野菜もうまうまー!!

RIMG0412
そして、このカマのスープが、なんとも言えない素晴らしい味なんですっ!
もちろん、お嫁さんの調理テクがものを言わせてるはずですが、
こんなに美味しく調理された魚も幸せものです!

あー、あんな寒くて怖い思いした魚釣りだけど、
こんな天国が待っているんだったら、また行っても良いかなー♪なんて思えるほど♪

マゲちゃんファミリーの皆さん、本当にどうもありがとう!
すご〜くあったかい人達で、とっても楽しい時間でした〜♪

この日食べたものが、私の中で、一番最高に美味しいお食事でした〜
ごちそうさま〜!

posted by ぜんぶ at 12:56| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 2008 Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

Bali Trip G 魚釣りじゃなくて・・・・

前回2月のバリTripでは、波が高すぎていけなかった釣り@Bali。
今回は果たしていけるのか〜?と疑わしい思いを胸に
待ち合わせ場所のクタリーフの船着場へ・・・。

すると、わさわさと大勢の人が集まっております。
みると、ものすごいデッカーイ魚をみんなが取り囲んでいる。

RIMG0392 RIMG0394

うぎゃぁ、なんじゃそりゃーそのデカサ!
子供ちゃんと比較するとどんだけ大きいか判るかと・・・・

RIMG0393
どうやら今朝の釣りで、この1匹だけをしとめたんだと、
自慢げなバリニーズ。

「これは期待が持てるぞー!!」と、言わんばかりの鬼コーチ。
わくわくして目がギラリンと光っております。

さっそくボートに乗り込むぞー!と、見ると、
え?このボート?

RIMG0397
このボートで行くの?

釣りって行ったら、クルーザーじゃないのか?
どうりで水に濡れたら壊れるものは持ち込み禁止なはずだわ・・・(´゚∀゚`;)
皆が皆、松方弘樹じゃないっつーのね(笑)
と、言う事で、カメラは持ち込めず。海の上の写真は一切無しです・・。

鬼コーチの釣りの最強の仲間であるオンデールが舵を取り、
キビシー顔をして海を見つめながらどんどん進んでいきます。
どうやら今日は、ウツワツまで行くんだとか・・・

「へー、ウルワツね〜・・・ええええ?ここからあんな遠くまで??(´゚Д゚`)
それもこのボートであんな遠くまで行くデスカっ!!」
「途中でガソリン無くなったりしないのかしら・・」
「結構波高いけど、ボート大丈夫なのかしら・・」

どんどん不安になっていく私に心に反して、ボートの上の男達の目は
漁師の目になってきています。

いやーそれにしても、波をかぶりつつどんどんスピードをあげて走るボート。
風邪がびゅんびゅんあたり、寒い事寒い事!。゚(゚´ω`゚)゚。
普段暑がりの私が、ガタガタ(((;゚д゚)))ブルブル ((;゚ェ゚;)) ブルブル震えるほどの寒さです。

すると、突然オンデールに動きが!!(゚ω゚ノ)ノ
どうやら、トローリングで設置していた竿に何かがかかった様子・・・
船を停め、竿をマゲちゃんに手渡します。
もう一本にも獲物が食いついているようで、そちらの方もガシガシと糸を巻いて行きます。

どうやら超大物なようで、竿を渡されたマゲちゃん、
汗をかき、「ひーひーふー」と、ラマーズ法な息遣いで必死で釣り上げていきます。
あがった魚は「なんじゃこりゃーー!!」と目を引ん剥く程の大魚!!
釣りあがった魚からルアーを外すと、ドスン!と船底に落とします。
あーえーと、魚は足元にいらっしゃるんですかー?
何かに入れとくとか・・・・あー、いやー無いですよね、そんな入れ物・・・(;^ω^)

今にも私の足を食いちぎるんじゃないかと思うほど、
大魚ちゃんはビチビチと暴れております。
オンデールもデカ魚を釣り上げ、こちらもドスン!と足元に・・・

「お、鬼コーチぃ〜す、すごいねぇーこんなの釣れるの?」と聞く私に
「これはトローリングで釣った魚、これは釣りじゃねぇ」と
バッサリと斬ってくださいました(笑)

と、ビビッて居る私を尻目に、オンデールは
十数センチもありそうなルアーを釣り糸にくっつけております。
鬼コーチも今回持って来た一番大きいルアーを装着させております。

暫くボートで走って行くと、突然船を止めるオンデール。
遠くを獣の目で見ております。
「な、何が始るの・・?」そう私が言いかけたとたん、
オンデールが釣り糸を数十メートル先に投げる!
すると、ピン!と糸が張り、魚が釣れた合図が・・・

えええーなんでーそんなスゴイのっ???

「巻いてみな」と、その竿を私に渡す鬼コーチ。
「あ、いや、そんな、無理ー!むりむーり!」と言いつつ必死で巻くけれども、
古い釣竿だそうで、糸が絡みなかなか巻けず。
「腹に力入れてー!もっときちんと持ってー!」と、
鬼コーチにOJTなアドバイスを頂きつつ、必死で巻き、
最後は魚はあげてもらったけれども、なんとかその獲物ちゃんも船底にゴロン!

興奮冷めやらぬ状態なのに、すぐにボートが動き出します。
「あれれー?さっきのあそこに魚居るんじゃないの?」
「魚はどんどん動いてるんだよ、だから、動きながら釣るの!」

魚群探知機など積んでいないこの船、魚を探すのは
生きた魚群探知機であるオンデールの鋭い目!

彼はバリの釣りコンペで優勝した経験もある男。
次々魚の大群を見つけては、竿を投げ入れます。
私の目ではなーんも見えないところに、どうやら
魚がうようよと居るんだそうな。
「ほら、あそこ!はねてる!」と教えてくれるが、
なーんも見せんぜよ!

いやー、何が怖いって、魚を見つけたとたん、舵取りオンデールが
竿の方に注意が行っちゃって、船動いたままっていう時があるんですよ。
そうするとですね、結構大き目のウネリがどどどーんと入ってくる大海原の中、
どんどんそのウネリが割れている場所に近づいていくわけです。

もちろん、割れている場所まではまだ先とは言え、
だんだん近づいてくるこの恐怖心
この船が転覆でもしようもんなら、泳げない私は、
確実に死ぬ訳ですよ。確実に!!。゚(゚´ω`゚)゚。

サーフボードが手元にあるのと無いのとでは、
こんなに波のウネリへの恐怖心が違うとは、オドロキです(笑)

しかし、船の上の男達はみーんな漁師の目になっておりまして、
「怖いから船とめてぇ〜!」と叫ぶもんなら、
じゃー船から下りろ!邪魔だ!と、蹴りでも入れられそうな雰囲気なので、
じーっと無言で海を見つめておりました。

ウルワツ寺院の前を行ったり来たりしていたけれど、
5匹吊り上げてからは、魚の大群が居なくなった様子。
だんだん日も暮れてきて、気温もどんどん下がってきます。

ガタガタ(((;゚д゚)))ブルブル ((;゚ェ゚;)) 震えながら
クタリーフの船着場へ戻って、本日の漁は終了〜!

これは「釣り」なんかじゃなく、「漁」でした。
ほんに、男の世界でしたわー。

もう一回行くか?って聞かれたら、ちょっと・・・考えるかなー(笑)

でも、この獲物はスゴイです!

RIMG0399
オンデールファミリーが3匹持ち帰り、マゲちゃんが1匹、
我々も1匹頂きまして、鬼コーチの御用達ホテルに勤めるお友達に
まるごとプレゼント!!(ノ∀`)

RIMG0403

こんなドデカイ魚、大家族じゃないと食べきれないだろうね〜

posted by ぜんぶ at 16:24| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 2008 Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

Bali Trip F 4日目のサーフィン

昨日あんだけいい波で楽しんじゃったからには、
「明日どこ行く?」そう聞かれてこう答えない訳が無い!!

「ちゃんぐぅ〜!!それも、人が入ってない早朝からっ!!」

4日目は、先日行けなかった魚釣りに午後から行く事になり、
サーフィンは午前中1ラウンドのみの勝負なのです。

って事で、やって来ました早朝チャングー♪
まだ太陽も顔を出す前であります!!(・∀・)
まだ暗い中、海に入る準備をいそいそと始める私を、
少々心配そうに見守る鬼コーチ。

「大丈夫かー?怪我とかすんなよー」と言いたげな目で見てますが、
もう私の心は昨日の波へとトンじゃっちまってるのです(笑)

昨日遊び倒したポイントですが、

だーれも入ってない+まだ暗い+結構寒い((´д`)) ブルブル…
の三重苦。

いさぎよーく鬼コーチに、「じゃねー!」と手を振り別れたものの、
ちょっと寂しいぉー!怖いぉー!
他に誰か来ないかなーなんて思いつつ、でも、来て欲しくないという
なんとも矛盾だらけな事を考えつつパドルアウト!

暗い中なのであまり波の具合がわからなかったけど、
どうやら今日は昨日より波がぐちゃんぐちゃんな感じ・・・
潮も、まだ干いている状態なので、所々に岩が見えてたり・・・ひぇぇぇえええ〜

パドルして沖まで着いた頃には、やっと太陽が見え始め、
次第に明るくなってきます。

「さー!がんばんべーー!!」と思って沖を見ると、
ぐちゃんぐちゃんの中でも、良さそうなウネリが入ってきています。
必死でパドルして乗ろうとするも、昨日ほど波のパワーが無い様子。
しばらーく悪戦苦闘の末、やっと乗れた!!(・∀・)
もう、鬼コーチとかに言わせるとクソ波と呼ばれるような小さめのぐちゃんぐちゃんの波。
でも、結構ロングライドが出来、
「あへ〜しあわせ〜」と、悦に入ってパドルして戻ろうと浜をみると・・・

ああああ!!なんと!!!!(゚ω゚ノ)ノ
10人程の団体さーんが!そ、それもロングボードじゃないっすか!

ガック―――(っω`- )―――リしつつも、負けちゃらんねー!と、
必死で沖にパドルする私。
しかし、ふと見ると、その団体さん、2名のバリニーズ以外は
全員初心者さんたち!!

皆さん、バリニーズのガイドさんのいう事をよーく聞いて、
集団で波が崩れる後あたりでスープの波を狙われる様子。
あいやー、そこに居られると、私乗っていけないですわー(;^ω^)
と、思いつつも、せっかくの早朝サーフなんだから、モタイナーイ時間はすごせぬ!
と、前に居る初心者ヨーロピアンの群集を必死でさけつつテイクオフを試みます。

何度か乗っていると、ガイドさんが、
「みなさーん、こっちにうごいてくださーい!!」と外れたポイントに動いてくださいました。
きっと私が避けれないくせにつっこむ危険人物だと判断したんでしょう。
これじゃぁ初心者さんが怪我する可能性もあるんじゃないかと・・・(笑)

団体さんも居なくなり、ホッとしたのもつかの間、
昨日も後半入ってきた上手なドイツ人カポーが私の横に陣取り、
次々に波に乗っていきます。
波も、次第に良くなり、乗れる波もたぷーりあって、私もオコボレに預かり、
たっぷり楽しみましたー!

最終的には30名程の人になり、結構激込みポイントに・・・。
潮もあがりすぎて、波も割れにくくなったので、
本日はこれにて終了〜!

そして私には、鬼コーチのサーフ姿をビデオ撮影する!というお仕事が待ってますからー!(・∀・)

あがるとそこには、マゲちゃんファミリーが(´∀`)
しばらくおしゃべりして、さー撮影するかなーとカメラを向けると、
鬼コーチ、海からあがってきちゃった(;^ω^)

「だめー今から撮影するから海に戻ってー!」とリクエストするも、
「サーファーカップルってのは、無理なんだよ、撮影はさー」と・・・。

残念ながら撮影出来ず。

RIMG0391  RIMG0389
これ、ぜんぶ、知らない人たちです。

しかし、チャングーのワルンで美味しいランチを頂いて居る時に、
NEC_0064
オネダリわんこの写真はしっかり撮りましたよー
NEC_0062
鬼コーチがフライドポテトなんかあげちゃうから、
ワンコさん、鬼コーチの虜になっております。

NEC_0063
あまりに可愛くて、この状態をキープさせたままにしていたコーチ。
後ほどしっかりと、ノミのような虫さされに悩まされておりました(笑)

posted by ぜんぶ at 19:41| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 2008 Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

Bali Trip E 3日目のサーフィン @ ちゃんぐぅ〜

2日目の夜、IKAちゃんで食事を終え、

RIMG0384
日課であるマッサージに行く車の中で
なにやらオカシイ事に気づく。
いえいえ、さっき食べたアヤムスープでお腹壊したとかそんなんじゃないの。
宿泊しているクタエリアの人の多さがものすごいの!!(゚ω゚ノ)ノ

そして気づく。
あ〜、土曜日だーー!!
こちらリゾート気分でバリに居るものだから、ローカルの方々の祝日なぞ、
気づく事もなかったばい!
バリの人達はどうやらFriday Night!ではなく、Saturday Nightの
遊びに興じる様子。

とにかく街は活気付き、ホテル周辺の道は大混雑!
Friday Nightの六本木も真っ青な感じであります。

そしてふと思った。
「あ、もしかして〜、日曜の海って大混雑??」
そりゃーそうだ、私だって日本では土曜か日曜にしか海いけないものねぇ。

そういや2日目の2ラウンド目、クタビーチ、
ローカルの子供達で溢れかえってたもんなー

ちょちょちょ、ちょっとぉ〜鬼コーチぃ〜これってヤヴァイじゃないっすか!
人が居ない海でサーフィンがしたいよぉー

そんな無茶な我がままは、さすがに通りませんよね(;^ω^)

3日目の海、もちろんクタビーチをチェックした後、
「よぉーし、いくぞぃ〜!」と、やってきたのは、
先日チェックしてデカスギで入れなかったチャングー(Canggu)!
ここはマゲちゃんのお家が近くにあるビーチです。

着いて早速波チェック!!
いやーどどどーんと割れてますよぉ〜
でも、先日よりは、波も落ち着いている様子。
そうは言うけど、私にゃぁ、キビシーっすよー。

「じゃー、俺はこっちに入るから、○○は、あっちで入っておいで。危ないから」

と、指差す先を見ると、そこはなんともメローな波が立ってます。
おおお!(・∀・)こりゃー素敵!すばらすぃ!!
そして、人もじぇんじぇーん入ってないじゃないっすか!

バタバタ着替えて早速入水!
人が入ってないのって、気分は良いのですが、初のポイントなので
カレントとか地形とかじぇんじぇーん判んない状態で入る訳です。

ふと見ると、相当沖にサーファーが浮かんでいるのが見えます。
え゛?あれって200メートルくらいあるんじゃないか?(多分大げさ)
みたところ手前の方もメローで乗りやすそうな波が(´∀`)

「私はあそこでいーやー♪」とパドルして進む。
ここは岩が下にあるポイントで、その部分だけ割れているので、
廻りこめば、波をかぶる心配も無い♪
それでも、たまに入るオバケセット(とは言え、昨日の1/3のサイズ)のスープで
戻されたりしつつ、必死でパドル〜

そろそろピークの辺りよね〜とパドルを止めて、インサイドに振り向くと、
あれれ?ここは相当沖じゃなかですかっ??
気づかないうちに思いっきりカレントに乗っかって、
ぐんぐん沖に流されていた様子・・・。

さっき見えていた200メートル先沖に居たサーファーさんを探してみたら
彼はサーフボードに乗って、漁をしている人だった!!(゚ω゚ノ)ノ

それも、私が流されている場所は一切波が割れない場所である。
さっき目指したインサイドを見ると、そこでは数名のサーファーが
既にメローな波を楽しんでいます。

あああ!私はあそこに居るはずだったのにぃー。゚(゚´ω`゚)゚。
うぎゃー!まずいー!このまま漂流して鮫の餌になるぅー!
とジタバタと戻る。
なんで一人だと、こんなに不安になるんでしょうねー(笑)

とりあえず、カレントから外れるようその場を移動し、
インサイドのピークに向けて一直線!

びびった割には簡単に戻れ、ほっと一息。
しかし、戻った頃には既に6名位のサーファー達が・・・

えーん、せっかく誰も居ない時に入れたのにぃーーー。゚(゚´ω`゚)゚。

いや、泣いてる暇はありません!
とりあえず、波取り合戦に参加すべし!

掘れていない波なので、ガンガン突っ込んでも巻かれる事はなさそう♪
いくぞー!がんばれ、私!
波の質が相当良いのでしょう、良い場所に居れば、
波取り合戦の勝利者になれるんですわ。
そして、この私が波に乗って、横にすいすいーと滑れちゃうんですよ!

どんどん人は増えて来ますが、どうやら多くはビギナーさん達。
ある意味、人を避けれない私には危険ではありますが、
皆さん怖がって乗ってこないので、ちょっと手前で波待ちしてれば、
良い波に乗れるんですね〜♪

潮が干いて来ちゃうと、波が無くなり、下の岩が出てきちゃうので、
後ろ髪引かれながら海からあがります。

チャングーサイコー!
満面の笑みでワルンに行くと、そこには心配そうな顔した鬼コーチとマゲちゃん。
さすがに初入水のポイントに一人で入れちゃった事を心配されていた様子(笑)

確かに思いっきり流されましたが、最高の波を満喫させて頂きましたー!
鬼コーチの入っていたポイントを見ると、掘れ掘れの波。
同じチャングーでも、こんだけ波の立ち方は違うんだなぁ〜
鬼コーチも相当楽しめた様子で、ほんにヨカター♪

あまりの興奮に写真を撮ってない事が、一つ残念無念な事でありまするが・・・(笑)

 


 

posted by ぜんぶ at 11:01| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 2008 Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

Bali Trip D アヤムスープ

Balanganを後にして〜、今日の午後の予定はふぃっしんぐぅ〜

前回は風が強すぎたり、波が荒れてたりと行けずじまいだった私。
どんなものか拝見してみたかったので楽しみです〜♪

とりあえず、腹ごしらえしましょー!しかし、約束の14時まであまり時間がないー!
「んじゃぁ、道端の屋台行こうよ!」と私。
「え?屋台?」と鬼コーチ。

一般的には女子は屋台は嫌がるものだそうですが、
まぁ、私の胃腸の強さをもって、何が怖かろうもん!

って事で道端にあった、アヤム(チキン)スープの屋台へ!
「ドゥア(2つ)」 と鬼コーチが言うと、お兄さんがニッと笑って
スープを作り始めます。

どうみても、非衛生的なその店構え。
焼かれたアヤムちゃんには、蝿が集っております。
蝿もたかるアヤムちゃんをがしっと掴んで小型ナイフで
ばっさばっさと切り刻み、器に入れていきます。

卵も入れるか?とジェスチャーで示され、「うんうん」と頷く。

更に鳥の肝や、キャベツやもやしなどの野菜、香草などなど、
色々と投げ込まれ、最後にスープをびしゃしゃ〜と器に♪

スープだけで良かったんだけど、どうやらご飯もついてくるんだね。
お兄さんが山盛りについでくれようとするので、
少なめにーと、鬼コーチが伝えてくれます。

RIMG0382

さっそくいただきまーす!
私はテーブルの上の、サンバルを入れて辛目のお味で頂きました!
いやーうまいね〜こういう味がいいんですよ〜
ローカルな食べ物、マンセーですよ、マンセー!

うまうまのアヤムスープで幸せ噛みしめつつ、
マゲちゃんと待ち合わせ中のホテルに急行します。
14:00の約束なのに、14:30になっちゃったよー。゚(゚´ω`゚)゚。

と、心配しながらホテルに着くが、マゲちゃんは居ず。
ホテルからマゲちゃんに電話したところ、
釣り船を出してくれるオンデールが体調不良の為、今日はキャンセルになった と。

あやや〜また今回も釣り行けないんだろうか〜。゚(゚´ω`゚)゚。

って事で、私はクタビーチへボードを持って直行〜!
ちっちゃ目の波で2日目の2ラウンドを楽しみました〜♪(・∀・)

posted by ぜんぶ at 20:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008 Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Bali Trip C 2日目のSurf@Balangan

さてさて、バリサーフの2日目!
まずはクタビーチをチェック!

NEC_0073
「うーん、波ちっちぇかも」と鬼コーチ。

「よぉーし、んじゃぁー今日は俺のとっておきに連れてってあげるよー!」
なんとも有能なバリサーフガイドです。
山奥に入って行く我々の車。
はて?海はあるんですか?山奥でサーフィン?えええ?
とハテナマークを出しかけていると、到着!!

山の上から見下ろすと、そこはもんのすごい美しい形で割れている
トリプルラインの波!!!

RIMG0375
うわーーー!!こりゃーすごーい!
上から見るとなんとも乗りやすそうな波じゃないですかっ!!(・∀・)

パパパっと準備をして、ボードと荷物を持って階段を下ります。
ビーチまで降りると、さっき見ていた波は、
思った以上にデカイ波である事を認識!

う、うぞっ!こ、これ、しぬでしょー!!(゚ω゚ノ)ノ
それより、沖に出れるんでしょうかー??

リーフブレイクとのこと、リーフブーツを履いて入水です。

鬼コーチと一緒に沖に向かってパドルして行きますが、
うつくすぃ〜く割れている波が、私の行く手を阻みます。
「ドルフィン出来ないと沖は無理だろうなぁ〜」そう言いながら
離れていく鬼コーチ・・・。

ドルフィン不能な私には、数十メートルの沖が夢の地の様に遠く見えます。
頑張って1つ目のWave Lineをクリアー!
いやいや、2つ目のLineは、なんともデッカク割れてますわー
割れた後のスープも結構な威力で、こちらに向かってきます!

それも、なんとかクリアー!!(・∀・)
したと思ったら、最後の砦がとんでもなくデカ波・・・・(゚∀゚ ;)タラー

もう、死にます、殺されちゃう〜!
こんなのでまかれたら、リーフに叩きつけられて、ぼろぼろになりませんかー?
そういう不安がどんどんパドル力を落とし、スープの波で戻されていくと言う悪循環(笑)

更に沖から乗ってくる人達の邪魔になってはならんと、
必死で戦いますが、何度も撃沈〜

まー、沖に行っても、どうせ乗れんでしょー・・・。と、気持ちは既に負け組みです(笑)
と、言う事で、第2ラインで波待ちを決行する事に!

バリの海は、必ずと言っても良いほど、突然オバケセットが入ってまいります。
もちろん、鬼コーチをはじめ、玄人気質な方々は、このオバケセットを追い求めて
バリの海に入っているのでございます。
そして、私のようないつまでもビギナー気質な者にとって、
私を殺してオバケにする気か〜!!と叫びたくなる波である事は確か。

第2ラインにてちゃぷちゃぷ遊んでいた私ですが、
ふと沖を見ると、トンデモナイでかいオバケちゃんが顔を見せると、
うぎゃー!こりゃぁいかん!死ぬ!殺される〜!!!(゚ω゚ノ)ノ
と、必死で沖に向かってパドルを開始するのです。

どんなにオバケセットであろうと、波が崩れる前の沖側の波に乗っかれちゃえば、
巻かれる事も無い訳です。

火事場のクソ力・・・。

ほんとです、これ、ホントですよ。
オバケが見える→ 必死で沖に向かう→ ほっ、まかれずに済んだ〜!
すると・・・・
さっきは行けなかった最終ラインまで行けちゃってたりするんですね〜

このパドル力、テイクオフ時に活用すりゃー良いんですけどねー
こうやって逃げ回ってパドル力つけて、なんともモタイナイーイ!
せっかく沖まで来ても、やっぱりデッカイ波で乗るのはちょいコワ〜な私は、
ちっちゃ目の波でテイクオフして乗れないままじわじわと第2ラインまで戻って来てしまい、
またまたオバケセットの恐怖に苛まれる事になるわけです。

まぁ、そんなBalanganでの波、
暫くすると、潮が引いて来て、下のリーフが顔を出し始め、
だんだんちっちゃい波になってきちゃいました。

さっきまでの沖まで出るための苦労は一体なんだったんだろうーーー??
って感じる程、波は落ち、静かな海に急変!
さらに潮が引いてることもあり、パドルせずとも、リーフの上を歩いて
沖まで行けちゃうほど浅くなってます。

ここまで浅くなると、ボードがリーフで傷ついちゃう可能性があるし、
もう、腕がクタクタだったので、終了〜

このBalangan、リゾート系でゆったりした感じがすばらしく萌え〜な場所です。
話によると、Perfect Waveでは無いので、人は少ないんだとか。
そして、サーファーだけじゃなく、ビーチでのんびり〜な人達も多く、
トップレスのヨーロピアンのおねーさまや、
まばゆいTバッグのブラジリアンなども居て、
目の保養にもなります。

posted by ぜんぶ at 18:35| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 2008 Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

Bali Trip B 1日目のサーフィン

目覚めると直ぐにやること!
それは、クタビーチの波を確認しに行く!

これぞ、サーファーin Baliなんだそうな。
クタビーチはその日のバリ全体のポイントの基本となるビーチなので、
クタビーチの波、風をチェックすれば、
どのポイントに入るのが適しているのかよーわかるんだそうです。

まぁ、私にはまだまだ判らんですが、
1日目のクタビーチの波@7:00は・・・あれあれ?ちびっこい?

RIMG0370
っちゅー事で、鬼コーチ、今日の行くべきポイントを決定した様子・・・。

そして到着したのは、普段波がありすぎてクローズしちゃう事も多いという
チャングー!
ここは、マゲちゃんのお家がすぐ近くにある場所です!
しかし、ここも、コーチのお気に召さなかった様子・・・。

んーんじゃーどこで入るかなぁー

と言う事でやってきたのはクタリーフ!
  NEC_0078
こちらは、ボートでポイントまで連れって頂きます。

波は鬼コーチ&マゲちゃんにとってはちっちゃ目だったそうですが、
私は人の多さにメロメロに・・・(;^ω^)
乗ろうとすると、前に居る人達が目に入ってビビリモード。゚(゚´ω`゚)゚。

こんなんじゃいかんのだろうけど、やぱーり、こわひ・・・。

って事で、人の居ないインサイドへ・・・とMoveするも、
結局沖からロングライドしてくる人の邪魔になっちゃうし・・・(´-∀-`;)

それでも、何本か、皆が乗らない相当ちっちゃい波で
横滑りなんぞしてみたり♪(・∀・)

人は大目でしたが、「GoGo!」と、私を応援してくれる
オージー等も居て、ふんとに嬉しかった♪
でも、「Go!」って言われても、そげなデカイ波・・・・(´-∀-`;)

と、思いつつも突っ込んで巻かれたり・・・(笑)

こちらでは2時間ちょっと充分に遊べました〜♪
前回のバリでの「怖い」だけで終わったサーフィンが、
ちょっぴり楽しい♪に変わった自分を褒めてあげたい気分でした!
(って、どんだけ私は自分に優しいんだ(゚∀゚ ;))

 

posted by ぜんぶ at 16:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008 Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Bali Trip A まずは腹ごしらえ・・・イヒ♪

6時間のフライトの後、バリに到着〜!
2月のバリとは違って、カラっと晴れていて湿気も感じない(´∀`)
素敵です、乾季のバリ!

前回はコーチのお友達、マゲちゃんのお陰で、警察のお友達の力により、
長蛇の列のImmigrationを超えずにすんだ我々ですが、
今回は2時間近く並んだのでしょうか・・・。
いやー、あんだけ並んでるのに、暇そうな人が手伝うそぶりもなく・・・。
おそるべし、インドネシア!
仕事への考えがちがうんだろうなぁ・・・焦るなと・・・(笑)

そんなImmigrationを超えると、マゲちゃんファミリーがお出迎えしてくれました!(´∀`)
マゲちゃんと、日本人の奥様と、二人の子供、1歳ちょっとになるナツミちゃん♪
いやー、かばいひ♪ものすごいメンコイ!(・∀・)
ハーフって可愛くなるって言うけど、ほんとだわー♪

まずはホテルにチェックイン。
でもホテルでのろのろしている暇はなくってよ!

早速バリでの第2の目的であるこちらのお店にイカネバー!!
RIMG0436
前回私の帰国前に偶然みつけたこの中華料理屋!
全てのメニューに値段がついてないというオソロシーお店ですが、
前回食べたカニのスパイシー炒めが忘れられなひ。゚(゚´ω`゚)゚。

そして、やぱり中華は大人数で行くべし!
って事でマゲちゃんファミリーにも同行していただきました!(・∀・)

RIMG0362
この蟹が絶品なのでーす!
結構激辛ですが、この激辛ソースがたまらん(・∀・)

RIMG0363
お魚もいただきましょー!
結構大きなお魚を丸上げにして、その上に甘辛ソースがどどっと♪
うぅーん、なんとも中華な一品♪

RIMG0364
イカは、店頭で焼いたものが出てきます!
このソースが最高にうまうま♪

RIMG0366
海老ちゃんも、なんてウマイんでしょー!

RIMG0369

このほかに、チャーハンと焼きソバ等も頂き、この通り、完食〜!!

鬼コーチぃ〜、私がバリに居る間にもう一回は連れてきてよぉ〜

それは本日の参加者全員の願いへとなり、
もう一回来訪スケジュールがその場にてケテーイ!(笑)
それも、鬼コーチのオゴリで♪いひひ

 

posted by ぜんぶ at 15:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008 Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Bali Trip @ ガルーダインドネシア航空について

ガルーダインドネシア航空。
色々と、いわれの多いこの航空会社。
しかし、バリに行く!となっては、このガルーダに乗るしか直行便は無いのです。
こんだけバリ人気なんだから、JALよ、バリへの乗り入れを再開しても良いのでは?

まぁ、そんな事は良いとして・・・
サーファーにとっての利点、それは、
サーフボードへのSurchargeが20KG以下なら無いって言う事!
20KGとはいえ、ボード2本まで・・・という決まりもあるようですが。

成田空港に到着後、チェックインの際に、
鬼コーチの2本と、私の1本、合計3本を入れたボードバッグは、
果たしてどんだけの重さになるのか・・・(゚∀゚ ;)
ビクつきながら測りに乗せると、18.5KG。
いやぁ〜よかった!

「何本入ってますか?」「え、えーと、2本です」
そう言うと、さっさとサーフボード置き場に他のボード達と並べられます。

荷物も、一人20KGまで・・・とされてましたが、
私の人も入りそうなスーツケースは既に20KGオーバー。
「ううう・・・別料金とか言わんといて〜。゚(゚´ω`゚)゚。」と祈りつつ
スーツケースを乗せるも、
さっさと手続きを進めてくれる♪

RIMG0358
バリの波に乗る自分を妄想しながら、On Board!

機内食は決して美味しいものじゃありません。
「なんだよ〜こんな時にサンバル(辛いソース)があればいいのに〜プンスコo(`ω´*)oプンスコ」と
思って食べ終わった後に、パンを取り上げると、
パンの下にサンバルが、しっかりと隠されているのであります。

飲み物のサービスも、頼んでもなかなか持ってきてくれない。とか、
呼び出しのボタンを押しても、キャビンアテンダンスはまるっきり出てきてくれない。とか、
映画はじまってるんだけど、言うまでイアホンを配ってくれない。とか、
なんとも残念なサービスだったりしますが、
6時間程度のフライトに文句つけてもね〜

そして、ビールはもちろん、ビンタンビアー!
日本のビールも用意されてましたが、もちろんこちらをいただきまーす!

RIMG0357 

スヤスヤと爆睡中の鬼コーチを横目に、ビンタン3本ほど頂きました〜♪
6時間のフライトにしては、珍しく私にしては、少ない方でしょー?

posted by ぜんぶ at 15:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008 Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

帰ってきたぞーぃ!(バリ島より戻って・・・)

今年2度目のバリ島行き、イキナリ日程が決まりましたが、
いやぁ〜、ほんと、最高の旅でありました!
もちろん、サーフ三昧!
波は小さい日が多かったけれど、普段クローズしちゃう波デカポイントで入れちゃったりして、
もう、最高のConditionでした〜!

目標は高くあるべし!と、ばーちゃん久子の教えをもとに、
今回の目標は「チューブイン!」でしたが、
もちろん、その目標は次回への持ち越しと・・・(笑)

しかし、毎日サーフィン出来る幸せってのは、
何ものにも変えがたいわ〜と、幸せ噛みしめる日々でした!

バリ島の交通事情は最悪!電車等は一切ありませぬから、
皆さん、スクーターやバイクでの移動がほとんどです。
そのバイクの皆さんのマナーが一切なってない!
信号無視は当たり前〜、一方通行を逆走なんてのは日常茶飯事!
一台でも行ったら、信号赤でも、便乗するぞー!と、
どんどん突っ込んでくるおそろすぃ状況。

きっとそんなバイク乗りに慣れているからこそ、
バリニーズのサーファーの皆さんは、
波乗りにも果敢に突っ込める度胸が出来てるんだろうと
なんだか納得してみたり・・・(笑)

そんなバリ島のサーフめぐり。もちろん、車で移動します。
そんな恐ろしい道も、バリニーズよりも道と運転方を熟知している
ガイド(別名鬼コーチ)が同行していたので、安心〜!(´∀`)
コーチ曰く、突っ込みバイクには突っ込むに限る!そうです。

こんな楽してバリで生活できる日本人は、私一人に違いないと思えるほど!(←褒めすぎ?)

まぁ、そんなこんなで、バリ島での9日間、
素晴らしい天候と、ちょうどよいサイズの波、美味しいご飯、
爆睡の毎日と、文句の付けようの無い楽しい日々でした〜!

また別途、バリの旅をUPして行こうかとおもってまーす!

posted by ぜんぶ at 13:13| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 2008 Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

一日目

200809120922000.jpg200809120919000.jpg200809120917001.jpg
クタビーチ波ないのチャングーへ!
人多いけど、波は素敵!

どうする?入る?入らない?
迷ったあげく、次のポイントチェックへGo!
posted by ぜんぶ at 09:39| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 2008 Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

いてきます〜

200809110832000.jpg
posted by ぜんぶ at 09:02| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 2008 Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

成田空港

これより、成田空港に出陣なり〜
ビールはガルーダ内までおあずけだよね(笑)
posted by ぜんぶ at 08:35| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 2008 Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

金食い虫

明日から大阪出張、その後、会社の慰安旅行で南国サイパンに行ってまいります!

南国に行けていいなぁ〜

と、今週は仕事三昧な鬼コーチは言いますが、
何が嫌かっていうと、サイパンって、サーフィン出来ないんですよ。
海は売るほどあるんですけど、乗れる波ないんですよ。
今の私にとって、週1回のサーフィンが途切れるのが
どーしても嫌!

ダイバーと、ウィンドサーファーの天国なんですねー。
と、言う事で、実は、今回の旅、あんまり楽しみじゃないんです。

そう言いつつも、既に下記予約しております。

25日の夜は、Aqua Resort ClubのCosta Terrace Restaurantにて
金曜オンリーのSeafood Buffet! $25 + $7.5(呑み放題)

26日のAMには、Dive Fellowさんの体験ダイブ(2箇所でダイビングするのだ!) $95
夜は、社員集合で、Fiesta Resortのディナーショー $75(会社持ち♪)

27日のAMは、Team TagaさんのWake Board初心者コース $85
夜は、Sunset Dinner Cruse $48

28日のAMは、Amigo Aquatic Sportsさんのマニャガハ島マリンパックにて、S
バナナボート、パラセイリング、シュノーケリングボートツアー、ウェイクボード。 $125

29日の帰国日は、午前中は遊べるはずなので、
どうしようかなぁ〜と迷っております。

とまぁ、既に高額な旅にしてしまいましたわ(笑)
サーフィンが出来る海なら、サーフボードを運びいれさえすれば、
後はお金かからないのになぁ〜・・・・。
ほんと、サーフィンってスバラシイ!と、思うポイントの一つですわ(笑)

まぁ、ドル安っていうのがナニヨリの助け♪
せっかく多忙なコーチとはらぺこ(笑)ぜんぶを日本において
南国行くんだから、楽しまなくちゃね〜♪

Image452 

う・・・。そういやぜんぶ姐さんを預けるホテル代もかかるんだった!!(」゜ロ゜)」

 Image453
 

続きを読む
posted by ぜんぶ at 17:33| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 2008 Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

バリ旅行記Q Fishing & サンバル・マタ

鬼コーチのバリでの楽しみは、サーフィンだけでなく、釣り。

さすが海を愛する男。
バリで釣りに行くならこいつに頼め!という知り合いがいるんだそう。

ここバリで歩いてると、普通に鬼コーチに声をかけてくる人が多い。
ほとんどがバリニーズで、サーファーなんだけど、
初バリの私としてはいつもいきなりの登場なので驚く。

たとえば、ショップで水着見てる時とか、ご飯食べてる時とか、
海から上がった時とか。

この男、どんだけ有名人なんだろう・・・・と、ふと思う。
そういや、歌舞伎町一緒に歩いてる時も、
おんなじ事思った事あるけど、
まさか、日本を離れたここ、バリでそう思うとは、
あなどれない男である。

まぁ、そんな事はさておき、釣り、釣りだよね

その、バリで釣り行くなら・・・の知り合い、それが、オンデール。

海の帰り道、
「よーし、オンデールの家行くぞ!」と、車をかっ飛ばしていくコーチ。
日本の路地裏以上に狭いと思われる道をぐんぐん行くと、
そこがオンデールの家だそうな。

いきなり行って、そこにオンデールは居るの?
「いや、わからん」

家に着くと、とっとと家の中に入っていくコーチ。
すると、奥さんが出てきて、
「今、オンデールはいないよー」という。

次の日の海の帰り、またオンデール家に寄る。
「電話で連絡すればいいじゃん」
そう思うんだけど、何故かアナログな世界なのね(笑)

今日はオンデールが居るらしい。

家に行くと、オンデールはお食事中。
オンデールは、もともとサーファーだったそうだが、釣りの方が面白い!と、
最近は一切サーフィンしてないそう。
昔は逆三の背中を持つすんばらしい身体だったそうですが、
今は、お腹も出てますが、筋肉隆々な腕がタクマシイ。

奥さんが作ったというそのご飯が余りにも美味しそうで、
お腹いっぱいランチを頂いてきたはずの私なのに、
「食べる?」って言われて、「うん!」と言わない訳が無い!

カレーを少し頂いたが、もんのすごい美味!
いやー、ランチ食べずに来ればよかった!と思うくらい美味しいカレー♪

コーチによると、奥さんはすごい料理上手だそうで、
朝釣りに行って帰ってくると、その魚を上手に料理してくれるんだそうな。
その時に必ず出る、野菜と唐辛子などなど色々なものを石のすり鉢ですった香味調味料、
サンバル・マタが、最高に美味しいらしい。
各家庭で、違う味だけど、オンデールの奥さんが作るサンバル・マタが一番なんだとか・・。

そんな話聞いたら、食いしん坊の血が騒いで、頭の中はサンバル。
もう、サンバルサンバル、踊り狂いそうな勢いです。

あ、そうそう、釣りだよね、釣り(笑)

で、オンデールと明日の午後釣りに行こう!と約束を交わす。

次の日、午前中のサーフィンを終え、万全の準備をしたのち、
オンデールの待つはずの海へ行くと、
「今日は風がありすぎて危ないから駄目ー!」

じゃー次の日の朝行きますカー!って海に行くとその日も風強すぎで駄目ー。

じゃー午後は?
もちろん駄目ー!

って事で、結局私が滞在してる期間は釣りに行く事無くおしまい〜でした。

入れ食いじゃないと釣りに行きたくない!と言っていた私ですが、
オンデールの奥さんのサンバル・マタ目当てに、相当釣りモードだったのになぁ・ ・・。

我々がバリ到着した日には、60匹位入れ食いで釣った人もいたそうで・・・。

次回のバリ旅行記には、サンバル・マタ食べて、踊り狂ってる私のレポートが書けることを祈って・・・。

posted by ぜんぶ at 08:48| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 2008 Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。