2012年04月26日

Ka Huila Wai

 

水車は動くことなくそこにある The water wheel just stands still
水車を回す水はここには無いのだ There's no water to make it revolve.
まるで鏡のようにいつも私のそばにいる As a standing mirror you'll always be to me,
連れ添うように私に話しかける As a companion to talk with me.
愛すべきモーリレレ Mölïele is clearly loved
海が荒れる時、 流れ去る雲がゆきかう For the fleeting of clouds when the ocean spray is stormy.
愛されていたワイヨヒヌ Much loved is Waiÿöhinu
乾燥した崖には、 トロピカルな鳥が飛ぶ By the arid cliffs where tropic birds fly.
忘れてはならない Don't you dare forget
その孔雀の完璧で美しい羽を A certain peacock whose plumage is flawlessly beautiful.
あなたに告げよう、 Tell the story:
水車を回す水はここには無いのだ There's no water to make it revolve

 

HULAを踊るにあたり、歌詞を理解する為に、出来る限り自分で翻訳をするようにしています。
でも、このカフイラバイはなんとも難解な歌詞・・・。
色々とネットで検索していたら、この歌には由来するお話がある様子。

とても美しい乙女が居て、その地の酋長が無理矢理彼女に結婚を迫ったそう。
彼女は嫌いな人と結婚するくらいなら・・・と、結婚式の当日、高い崖から身を投げたんだそうです。
そんな乙女が身を投げた崖には、水車が記念碑として立っているそうです。

そんなバックグラウンドを考えると、この歌に出てくる
モーリレレ、ワイヨヒヌ、孔雀などはきっと彼女を表現しているんじゃないかな。
彼女がどれほど美しかったか、崖から身を投げた彼女は美しい鳥のようだったのかも。
水車は立てられたが、動かす水が無い・・・つまり、彼女はもう存在しない・・・
そんな意味なんじゃないかな。
悲しい結末ではあるけれど、彼女の美しさを表現するHULAがベストな気がします。

続きを読む
posted by ぜんぶ at 18:51| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | HULA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

Smile

5月27日(日)の、ddcイベントに向けての練習もガッツリやっている私達ですが、
昨夜から新しい曲の練習もスタートしました♪
あの有名な、SMILE!

モダンタイムス、コメディーとしての面白さはもちろんですが、
悲しみ、皮肉なんかがいっぱいに篭ったこの映画、大好きなんですよね〜
機械が発達した事で便利になるどころか、人はそれに苦しめられていく。
まるで今の私達みたい。利便性にばっかり目を向けていたら、最悪の事態をまねいちゃった・・・。

大きな歯車に巻き込まれるシーンとか、自動食事機とか、
チャップリンの有名なシーンが盛りだくさんの映画です。
そんなモダンタイムスのラストシーンで流れるチャップリン作曲の曲を、
Nat King Coleがカバーしたもの。(他にもたくさんのアーティストがカバーしています)

苦しい時も悲しい時も笑顔でいよう、そうすれば明日が見えてくるよ。
そんなメッセージ性の強いこの曲を、とても判りやすい手話のようなHULAで踊れるなんて、嬉しい限りです。

という事で、またまた、歌詞をしっかり把握するために、自分ながらの言葉に翻訳してみました。

 

Smile, though your heart is aching

微笑んで、心が痛んでいても

Smile, even though it's breaking

微笑んで、心が壊れそうでも

When there are clouds in the sky

空に雲が立ち込めようとも

You'll get by...

君ならきっと乗り切れるさ

 

 

If you smile

君が微笑めば、

With your fear and sorrow

恐れや悲しみの中に居たとしても

Smile and maybe tomorrow

微笑みを浮かべていればきっと明日には

You'll see the sun come shining through 

太陽の輝きを見つけることが出来るはず

for you

君の為に輝く太陽を

 

 

Light up your face with gladness

君の表情を喜びで輝かせ

Hide every trace of sadness

どんな悲しみの跡さえ見せずにいよう

Although a tear may be ever so near

たとえ泣き出しそうな時も

That's the time you must keep on trying

そんな時こそがんばり続けるんだ

Smile, what's the use of crying

さあ笑って、泣いたって仕方ない

You'll find that life is still worthwhile

人生は捨てたもんじゃないって判るはずさ

If you just smile

そう、君がただ微笑みさえすれば

 

 

Smile, though your heart is aching

微笑んで、心が痛んでいても

Smile, even though it's breaking

微笑んで、心が壊れそうでも

When there are clouds in the sky

空に雲が立ち込めようとも

You'll get by...

君ならきっと乗り切れるさ

 

 

If you smile

笑いさえすれば、

Through your fear and sorrow

恐れや悲しみの中に居たとしても

Smile and maybe tomorrow

微笑みを浮かべていればきっと明日には

You'll see the sun come shining through 

太陽の輝きを見つけることが出来るはず

for you

君の為に輝く太陽を

 

 

That's the time you must keep on trying

そんな時こそ挑戦を続けるんだ

Smile, what's the use of crying

さあ笑って、泣いたって仕方ない

You'll find that life is still worthwhile

人生は捨てたもんじゃないって判るはずさ

If you just smile

そう、君がただ微笑みさえすれば

 

続きを読む
posted by ぜんぶ at 14:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | HULA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。